• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

五輪で中国の人権問題は改善するのか

専門家の間では進展は期待薄という意見

2008年9月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Bruce Einhorn (BusinessWeek誌香港支局、アジア地域担当エディター)
Lawrence Delevingne (BusinessWeek誌、ニューヨーク支局記者)

米国時間2008年8月22日更新 「Will the Olympics Boost China Human Rights?

 北京五輪も閉幕を迎え、中国首脳陣は、金メダル級の功績を残せたと考えているのではないだろうか。

 もちろん問題はいろいろあった。世界中が北京五輪に注目していることに乗じたテロ攻撃が中国西部で起こり、死傷者が出た(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2008年8月11日「五輪の安全対策に高まる不安」)。開会式翌日には中国人による米国人刺殺事件が発生。頻繁に北京市内を覆う光化学スモッグで多少面目を失ったり、開幕第1週目には多数の競技場で予想外に多くの空席を出してしまったりもした(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2008年8月22日「北京五輪、「完売」なのに空席が目立つワケ」)。

 だが、全般的には、競技は円滑に進み、国家体育場(通称:鳥の巣)や国家水泳センター(通称:水立方、ウォーターキューブ)などの立派な競技場は称賛を浴びた。

 中国での五輪開催の推進派は、1988年のソウル五輪が韓国の民主化を後押ししたように、北京五輪も中国の人権問題に長期的なメリットをもたらすと期待していた。だが、今のところこうした期待は裏切られている(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年7月31日「NGOs: China Is Breaking Olympics Promises」)。中国政府は、反体制活動家を釈放するどころか検挙活動を強化し、北京に3カ所設けられた公認の抗議集会場は、認可基準が厳しく利用されずに終わった。

 海外の五輪報道陣に対するインターネット検閲解除の公約も、中国に不都合な問題を取り上げているサイトは例外とされ、検閲が解かれることはなかった。五輪開催前の聖火リレー中、ロンドン、パリ、サンフランシスコなどでは大規模な抗議活動が起こったが、五輪期間中は厳戒態勢を敷いた結果、中国の面子をつぶすような事態は起きなかった。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチの広報責任者、ミンキー・ウォーデン氏はこうした中国側の対応に関し「中国首脳にとって、任務は無事完遂というところだろう」と皮肉った。同氏は、香港立法会(議会)で民主化運動を長年主導してきた李柱銘(マーティン・リー)氏の元側近だ。

人権問題解決への道のりは遠く

 それでも中国専門筋の中には、閉幕直前の今も、五輪を契機に中国の人権状況が長期的には改善するのではと期待する者もいる。米シンクタンク、ブルッキングス研究所のチェン・リ上級特別研究員もその1人で、北京五輪の成功で政府内の改革派が勢いづくと考えている。同研究員は、「北京五輪をきっかけに、中国の開放化、透明化、寛容化が進み、威信も高まる」と述べ、人権問題や報道の自由の改善は進むと予想する。

 「中国政府は五輪を成功させたことで自信を深めており、指導部の中でも改革派に追い風が吹いている。改革派は海外メディアやグローバル化を恐れず、開放化や透明化もある程度容認すべきだと主張するだろう」

 それでも同研究員は、直ちに改善が進むわけではないとクギを刺す。だが、中期的には五輪は改革の呼び水となると見ており、「進展にはあと5年から10年かかるだろうが、誰が最終的な勝利者になるのかははっきりしている」と語る。

コメント1件コメント/レビュー

いろいろの意見があるでしょうね。その意見を取り上げても、中国の方向は理解でkしないでしょうね。中国人の5000年の歴史の国家感、そして、その国家感からの独裁政治を受け入れる体質、党員7000万と武力では、革命はあっても、人民は関係ない。世界の歴史が説明している。国家転覆発言しなければ、何でも自由な社会が中国人の歴史観ですね。多様性の仕事がある社会が中国ですね。均一社会の欠点を知ることでしょうね。だから、中国の管理システムを賛成をしていません。中国人が解決する問題でしょうね。中国は日本を世界戦略で無視する政策ですね。日本の世界戦略をどうするかでしょうね。(2008/09/01)

オススメ情報

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いろいろの意見があるでしょうね。その意見を取り上げても、中国の方向は理解でkしないでしょうね。中国人の5000年の歴史の国家感、そして、その国家感からの独裁政治を受け入れる体質、党員7000万と武力では、革命はあっても、人民は関係ない。世界の歴史が説明している。国家転覆発言しなければ、何でも自由な社会が中国人の歴史観ですね。多様性の仕事がある社会が中国ですね。均一社会の欠点を知ることでしょうね。だから、中国の管理システムを賛成をしていません。中国人が解決する問題でしょうね。中国は日本を世界戦略で無視する政策ですね。日本の世界戦略をどうするかでしょうね。(2008/09/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきている。

渡辺 秀一 メディパルホールディングス社長