• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アマゾン、電子書籍事業を拡大

「キンドル」は書籍界のiPodとなる?

2008年9月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Aaron Ricadela (BusinessWeek誌記者、シリコンバレー)
米国時間2008年8月27日更新 「Amazon Beefs Up Kindle Franchise

 米アマゾン・ドット・コム(AMZN)が、ソーシャルメディアサイトの買収を発表した。拡大が続く電子書籍事業での利用を見据えた動きとも考えられる。同事業の今後は、現在上昇傾向の株価とも関係する。

 同社が8月26日に買収を発表したのは米シェルファリ。米シアトルのベンチャー企業、テイストメーカーズが立ち上げた愛書家向けソーシャルメディアサイトで、昨年2月からアマゾンの出資を受けていた。今回の買収額は非公表だ。

 シェルファリには、“仮想書棚”に本を並べてお薦め本を紹介する機能や、ユーザーが集うグループを作成する機能がある。プロフィールを登録したり、自らの趣味を広めたりすることも可能だ。8月初めにおける別のオンラインベンチャーの買収とともに、シェルファリは、アマゾンが昨年11月に発売した電子書籍端末「Kindle(キンドル)」用の電子書籍ストアにコミュニティー構築機能を搭載し、売り上げを伸ばすための布石となりそうだ。

書籍もデジタルの時代へ

 米IT(情報技術)コンサルティング会社、クリエイティブ・ストラテジーズの社長、ティム・バジャリン氏はこう話す。「キンドルはうまくツボを押さえた、電子書籍の未来形だ。長い目で見て、こうしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、書籍購入に大きなプラスをもたらすことになると思う」。

 同氏によると、キンドルのこれまでの利用者は「新製品や新サービスを積極的に取り入れる層で、旅行に頻繁に出かける読書家」が中心だという。電子書籍はキンドル本体から無線接続で簡単に購入でき、新刊なら10ドル程度で手に入る。買ってみたいと思った本についてコミュニティーの意見を聞けるようになれば、購買意欲が刺激される可能性もある。

 今回の買収からも分かるように、出版業界では、相互参加型のウェブ2.0技術を取り入れようという機運が高まりつつある(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年8月21日「Book Publishers: Learn From Digg, Yelp―Even Gawker」)。シェルファリでは、自サイト上でサービスを展開しているだけでなく、米大手SNSサイト「Facebook(フェースブック)」用のアプリケーションも公開しており、拡大著しいSNSの利用者取り込みに一役買いそうだ。

 アマゾンは8月1日にも、ネット上で古書販売を手がけるカナダのエーブブックスの買収計画を発表していた。年内には買収が完了するという。しかもエーブブックスは、書籍情報SNSサイト、米ライブラリーシングに40%出資しているため、その株式もアマゾンに移ることになる。アマゾンは1月に、デジタル化したオーディオブックの販売を手がける米オーディブルも3億ドルで買収している。

 音楽やテレビなど、様々なメディアがウェブへと移行する現在。マーケティングを知り尽くしたアマゾンのCEO(最高経営責任者)ジェフ・ベゾス氏は、書籍を「アナログの最後の砦」と呼ぶ。

 同社のキンドルは、出版界をデジタル時代へ導くための意欲的な取り組み。アマゾンの登場で書籍の買い方が変わったのとちょうど同じような変化を、読書の仕方にももたらそうというわけだ。

 キンドルの現在の販売価格は約360ドル。ペーパーバック大の機器で、約200冊の電子書籍を保存できる。米スプリント・ネクステル(S)の高速データ通信網を使って、インターネット経由で電子書籍を購入できる。新聞やブログの購読も可能だ。

現在の株価は高すぎる?

 BusinessWeek.comの試算によると、昨年11月の発売以来、キンドルの売上額は1億ドルに上る(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年8月25日「Here Comes Kindle 2.0」)。9月にも登場が予想される後継機は、現行機より薄型で画面も見やすくなり、値段も300ドル以下になると言われている。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員