• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

原油価格、1バレル80ドルまで下がる?

「投機バブルの終焉」という見通しも

2008年9月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Moira Herbst (BusinessWeek.com記者、ニューヨーク)
米国時間2008年9月2日更新 「Oil at $80 a Barrel?

 ここ数年、エネルギー市場のトレーダーとハリケーンシーズンの到来が原油マーケットにもたらす影響といえば、たいてい1つに決まっていた。価格の上昇だ。

 だが、米国南部を襲ったハリケーン「グスタフ」が去った今、ドル相場の回復の方が、大西洋で新たに発生する暴風雨より大きな影響を相場に及ぼしている。トレーダーから見れば、最近は不安定な米経済の先行きの方が、嵐よりもずっと恐ろしいのだ。

 9月2日、米ニューヨーク・マーカンタイル取引所(CME)では、指標となる米国産標準油種(WTI)の10月物の価格が6ドル近く下がり、終値は1バレル109.71ドルとなった。これは、4月上旬以降では最安値の水準であり、7月11日に記録した史上最高値147.27ドルから37.56ドルも下落した。

 グスタフがメキシコ湾地域の石油・天然ガス施設にさほど打撃を与えなかった一方で、トレーダーや投資家は、自然現象による影響を重要視しなくなってきている。ドル高に加え、米経済や世界経済の低迷の方が、原油価格を大きく左右していると専門家は指摘する。

 実際、現在の原油価格を決めるうえで、米経済の成長低下で懸念される石油の「需要崩壊」の方が、気象や地政学的な不安要素より大きな影響を及ぼしている。

 米エネルギーリスク管理会社キャメロン・ハノーバーのベテランアナリスト、ピーター・ビューテル氏は、「ハリケーンが目前まで迫り、200万バレルの生産能力がある石油精製施設や、沖合油田施設の96%が危機にさらされても値上がりしないのなら、原油が高騰するとはとても思えない」と語る。

現実的な相場価格への回帰

 原油価格が大幅に、また急速に下落したことで、専門家は“投機バブル”の崩壊がさらに進むと予想している。多くのアナリストは、底値は100ドルどころか、70ドルから80ドルの水準まで下がると見ている。

 「年内、早ければ9月中にも、原油価格は80ドルまで下がるだろう」と、米シカゴのエネルギーコンサルティング会社ファンダメンタル・アナリティックスのジョエル・フィンガーマン社長は述べている。

 米証券会社オッペンハイマー(OPY)の上席エネルギーアナリスト、ファデル・ゲイト氏は、「原油が値下がりしているのは、これまでの価格が膨張していたからだ。不自然な価格をいつまでも維持することはできない。最終的には、価格は需要と供給のファンダメンタルズ(基礎的条件)に基づいて決まる」と語った。

 石油トレーダーや一部のアナリストは、原油価格の高騰は新興市場での需要増加に起因するとしてきた。だが、今では米経済の低迷の影響が全世界に広がっている。

 「数カ月前には、中国の需要が原因だと論じられていた。だが、(原油価格の)強気相場を支えてきた要因の多くは、実体のないものだった」と、ペンシルベニア州ビラノバのエネルギーコンサルタントで、日刊の業界ニューズレター「ショーク・リポート」編集長のスティーブン・ショーク氏は話す。

コメント3

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監