• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビッグ3、大統領選に望み

  • BusinessWeek

バックナンバー

2008年9月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の自動車大手は資金難に喘いでいる。そこで各社は大挙して、コロラド州デンバーとミネソタ州ミネアポリス・セントポールで開かれる民主、共和各党の党大会に押しかけた。

 ビッグ3はこれまで、昨年認められた工場刷新のための250億ドルの低利融資の実行を急ぐよう議会に働きかけてきた。それが今、業界情勢の悪化を受けて250億ドルの増額を要求している。議会が休会する9月30日までに承認を取りつけたい考えだ。

 ビッグ3の専門チームは党大会に乗り込み、歓迎会や昼食会、パーティーなど、あらゆる機会を捉えて議員に融資案を売り込んだ。各社は協調してロビー戦略と論点を統一。全米自動車労組(UAW)も独自のツテをたどって動いた。米フォード・モーターの対政府・地域社会関係担当副社長、ジアッド・オジャクリー氏は「我々はこの問題一点に集中している」と語る。

自動車産業に依存する激戦州

 だが、なぜ今それほど急ぐのか。最初の低利融資が承認されたのは昨年12月。2020年までに自動車の平均燃費を1ガロン当たり35マイルまで引き上げる法案に盛り込まれた措置だ。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)広報のグレッグ・マーティン氏によれば、新基準を満たすためには技術開発と工場刷新に約1000億ドルのコストがかかる。議会は低利融資に同意したが、まだ予算の承認はされていない。

 フォードのオジャクリー氏は、早期に低利資金が得られないと業界の苦境が深刻化すると主張し、自動車大手の延命は経営難の銀行を救済して国の金融システムを支えるのと同じくらい重要だと訴える。「これは救済措置ではない。我々は新燃費基準を満たし、産業構造の変革を進めるために資本コストを下げる必要がある」。

コメント1件コメント/レビュー

好景気が何年も続き、住宅バブルのおかげで、高級車も大型SUVも飛ぶように売れた時代が確実にあった。そのときの収益を使って何に投資をしてきたのか?時代の先が読めませんでした。原油がこんなに高くなるとは夢にも思いませんでした。燃費のよい車を開発してきませんでした。目先の儲かるビジネスに集中していました。と告白しているようなものです。経営者としての見通しの甘さ、過去の誤った経営判断には目を伏せて、燃費のよい車の開発とそれに対応した新工場建設のための低金利融資がないと、そのような環境対応商品は造れませんと主張しているbig3の厚顔な経営者に感服いたします。しかもこれは救済策ではなくて、低燃費車をのぞむ社会の要請に応えるために必要な議会も認めた社会コストであるというような主張は、経営者として自動車会社の社会的な責務を放棄した無責任な我利我利亡者の論理としか思えません。その融資を本当に燃費のよい小型車開発のために活用するのではなく、当面の生き残りの運転資金に回したいという意図が感じられます。論理のすり替えに躍起になっているbig3の主張に、アメリカの納税者も政治家ももうだまされない事を祈っています。(2008/09/28)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

好景気が何年も続き、住宅バブルのおかげで、高級車も大型SUVも飛ぶように売れた時代が確実にあった。そのときの収益を使って何に投資をしてきたのか?時代の先が読めませんでした。原油がこんなに高くなるとは夢にも思いませんでした。燃費のよい車を開発してきませんでした。目先の儲かるビジネスに集中していました。と告白しているようなものです。経営者としての見通しの甘さ、過去の誤った経営判断には目を伏せて、燃費のよい車の開発とそれに対応した新工場建設のための低金利融資がないと、そのような環境対応商品は造れませんと主張しているbig3の厚顔な経営者に感服いたします。しかもこれは救済策ではなくて、低燃費車をのぞむ社会の要請に応えるために必要な議会も認めた社会コストであるというような主張は、経営者として自動車会社の社会的な責務を放棄した無責任な我利我利亡者の論理としか思えません。その融資を本当に燃費のよい小型車開発のために活用するのではなく、当面の生き残りの運転資金に回したいという意図が感じられます。論理のすり替えに躍起になっているbig3の主張に、アメリカの納税者も政治家ももうだまされない事を祈っています。(2008/09/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長