• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

メルセデス、ハイブリッド車投入の狙い

最高級セダン「Sクラス」が低燃費を実現

2008年9月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Jack Ewing (BusinessWeek誌、欧州担当エディター)
米国時間2008年9月11日更新 「A Mercedes Hybrid at Last

 ドイツの自動車メーカーには、自分たちが新技術の最先端を走っているという自負がある。そのため、トヨタ自動車(TM)がハイブリッドカー「プリウス」を発売して以来10年が経過した今、一社としてハイブリッドモデルを市場に投入していないことには、いささか面目を失した感があった。

 だが、燃費効率や環境負荷に対する富裕層の顧客の関心が急激に高まっていることを受け、独ダイムラー(DAI)はついに、「メルセデス・ベンツ」ブランドでハイブリッド車市場に乗り込む体制を整えた。

 2009年6月、メルセデスは最高級セダン「Sクラス」のハイブリッドモデルを欧州市場に投入する。その燃費は7.9リットル/100キロメートル(約12.6キロメートル/リットル)。9月11日には、同社は2009年9月に米国及び中国でも発売することを発表した。

 価格は未定だが、メルセデス乗用車部門販売・マーケティング担当クラウス・マイヤー氏によれば、従来車種より1万ユーロ(約150万円)弱程度割高となるもようだ。米国で販売されているSクラスの最低価格は約8万8000ドル(約924万円)だが、V型12気筒エンジンを搭載した最上位モデルでは、価格は14万5000ドル(約1523万円)に跳ね上がる。

大型車にこだわる理由

 地球温暖化や産油国への大規模な資金の流入を心配するなら小型車を購入すればいいではないか、と皮肉る向きもある。だが、メルセデスの顧客層の環境意識はまだそこまで高くはないと同社は考えているようだ。

 「皆が皆、休暇に超小型車『スマート』を乗り回せるわけではない。大型車が抱える問題を解決していくことが必要だ」とマイヤー氏は言う。

 メルセデスのハイブリッド市場参入がこれほど遅れた原因は何だろうか。その1つに、独BMW(BMWG.DE)や独フォルクスワーゲン(VOWG.DE)と同様に、ディーゼルエンジン車の開発に主眼を置いていたことが挙げられる。BMWの小型車「ミニ」及び「1シリーズ」は、低燃費・二酸化炭素(CO2)の低排出の点でプリウスと肩を並べる。

 また、ダイムラーがこの夏米国に投入したクリーンディーゼルシステム搭載のSUV(多目的スポーツ車)「ブルーテック」は、米国市場でのメルセデスのSUV販売台数の20%を占めるという。市場全体ではディーゼル車の割合がわずか4%であることを考えると、かなり高い数字だ。

 技術的観点からすれば、ハイブリッド車と同等、もしくは高速走行時はそれ以上の燃費効率を実現しながらも軽量・低価格のディーゼル車の方が、技術的には上だと言える。だが、トヨタの高級車ブランド「レクサス」のハイブリッドモデルの成功で、ガソリン車を好む米消費者の間ではハイブリッド車の需要が高まっていることが浮き彫りになった。

 「これまでメルセデスは『地球を救いたければディーゼル車を買おう』と主張していた。だが、それはあくまで彼らの論理であって、市場では通用しなかったということだ」と、米調査コンサルティング会社グローバルインサイトのドイツ支社(所在地:フランクフルト)の自動車アナリスト、クリストフ・シュツルマー氏は指摘する。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者