• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニンテンドーDSの新型機、ライバルはiPhone

ダウンロード機能を搭載し、アップルと真っ向勝負

2008年10月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Kenji Hall (BusinessWeek誌、東京支局テクノロジー担当記者)
米国時間2008年10月2日更新 「Targeting Apple, Nintendo Unveils Its Latest Device

 任天堂(NTDOY)の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズに新型機が登場する――。そんな噂が何週間か前から、ゲーム関連のブログで飛び交っていた。そして10月2日、東京で開催された「任天堂カンファレンス2008秋」で同社は、「ニンテンドーDSi」を正式発表した。日本では11月1日から発売し、価格は1万8900円。海外での発売は2009年を予定しているという。

 今回任天堂が新型機を発表した背景には、米アップル(AAPL)の存在がある。アップルは、7月に発売した「iPhone(アイフォーン)3G」で、ゲーム市場に名乗りを上げた。

 任天堂は今年度の業績について、好調な伸びを予想している(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年8月29日「Nintendo Forecasts: What downturn?」)。しかし一部アナリストからは、アップルの影響について懸念の声も聞かれていた。

 これまでニンテンドーDSとソニー(SNE)の「プレイステーション・ポータブル(PSP)」がほぼ独占していた携帯型ゲーム市場にアップルが風穴を開け、かなりの規模の市場を奪われるのではないかとの懸念だ。そんなアップルの脅威に対して任天堂が出した答えが、新型機のDSiというわけだ。

専用ソフトをダウンロードできる機能を搭載

 DSiを一見した限りでは、現行機と比べてハードウエアの技術面が大きく進化しているようには見えない。上下2つの画面が大きくなり、若干の薄型化と軽量化が実現されたほか、音楽プレーヤーやインターネット閲覧機能も搭載された。だが、さほど代わり映えしないデザインの一歩先に目を向けてみると、大きな変更点がある。データの保存機能だ。

 DSiは、旧型の携帯ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」のゲームソフトを利用するためのスロットを廃止した代わりに、SDメモリーカード用のスロットを搭載した。無線LAN接続を利用して、音楽、ポッドキャスト、写真、動画、ゲームなど、様々なデジタルコンテンツをダウンロードできる。ゲーム関連の出版や市場調査を手がけるエンターブレインの浜村弘一社長は、「ダウンロード販売の開始で、DSの可能性は大きく広がる」と話す。

 この戦略によって、任天堂は方針を大転換した。これまでのDSシリーズは、基本的には昔ながらのゲーム機で、ゲームカートリッジは必須だった。DSiの無線LAN接続とSDカード機能で、同社はデジタルプラットフォーム事業への攻勢を強めることになる。

 その先にあるのは、アップルとの真っ向勝負だ。アップルの「App Store(アップ・ストア)」は大手ゲームメーカーからの熱い視線を集めている。ヒット作のゲームをiPhone向けにダウンロード販売できるからだ。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック