• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

金融危機の犯人はいったい誰だ

壮大な“悪者捜し”で浮かび上がる容疑者たち

2008年10月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント22件コメント/レビュー

「金融」なんて言葉には普段まったく関係のない人間です。サブプライム問題が表面化してきた去年の夏あたりから、そんな人間でも気になっていろんな記事・コラムを読んできましたが、そのころ懸念されていた状況どおりに状況は進んでいますね。株も持たず、貯金もなく、日々の生活に四苦八苦している人間には、なにかドラマを見てるようです。金融には実体がなく、情報だけという現在の状況がそのように見えるのでしょう。「金融工学」という理論の上になりたっている業界なのに「金融不安」なんていう人間の情緒がからむなんていったいなんなん?と思います。そんな情緒が絡む仕組みにむりやり理論をこじつけているのは、とりもなおさず人間の欲望に潜むリスクを回避・分散するためでしょう。しかし理論で回避・分散できるのは程度の問題であって、完全になくすことは不可能なはず。回避・分散できないリスクはどうするのか?運営を担当する投資会社・運営を任せる投資当事者が責任を負うべきでしょう。そもそもリスクの高い商品を運用しておいて、そのリスクを自分が負わず、市場に分散させると言う「屁理屈」が「金融工学」というなら、それこそ「金融」の本末転倒でしょう。(2008/10/28)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「金融」なんて言葉には普段まったく関係のない人間です。サブプライム問題が表面化してきた去年の夏あたりから、そんな人間でも気になっていろんな記事・コラムを読んできましたが、そのころ懸念されていた状況どおりに状況は進んでいますね。株も持たず、貯金もなく、日々の生活に四苦八苦している人間には、なにかドラマを見てるようです。金融には実体がなく、情報だけという現在の状況がそのように見えるのでしょう。「金融工学」という理論の上になりたっている業界なのに「金融不安」なんていう人間の情緒がからむなんていったいなんなん?と思います。そんな情緒が絡む仕組みにむりやり理論をこじつけているのは、とりもなおさず人間の欲望に潜むリスクを回避・分散するためでしょう。しかし理論で回避・分散できるのは程度の問題であって、完全になくすことは不可能なはず。回避・分散できないリスクはどうするのか?運営を担当する投資会社・運営を任せる投資当事者が責任を負うべきでしょう。そもそもリスクの高い商品を運用しておいて、そのリスクを自分が負わず、市場に分散させると言う「屁理屈」が「金融工学」というなら、それこそ「金融」の本末転倒でしょう。(2008/10/28)

犯人探しはともかく、かつての日本を「護送船団だ!」と名指しで非難したアメリカ本人が、今ではその「護送船団」を率先してやっている事にあきれると共に怒っています。(2008/10/24)

「経済成長」、この言葉を良しと考える人間全てが問題です。経済に成長など有り得ない。経済とはバランスなのですから。(2008/10/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授