• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“身の丈”民主主義のオバマ政権

防衛費は抑えられ、国際開発費が増大傾向に

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2008年11月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回の米大統領選は、ジョン・マケイン氏の軍事力による平和維持と安全保障重視を選ぶか、バラク・オバマ氏の国内福祉と平和の配当を選ぶかの争いであったように思う。最終的に、米国経済の現実を冷静に判断した米国民の選択がくだされた。

 本来ならば、他国の大統領選の動向を外国人が語るとは僭越なことなのだが、筆者が多大な関心を覚え、ここで語るゆえんは、米国の次期政権の方針次第で日本の対外政策に大きな影響があるからである。

 オバマ氏は2つの政治観を持っていると、筆者は見ている。1つは民主党らしく、民主主義の理念を拡大し、世界に打って出る政権。初期ビル・クリントン政権と同様である。そしてもう1つは、縮小する米国に合わせた"身の丈政権"である。拡大する中国、資源のロシアなどをそのまま受け止め、米国の力の一部にしようとする現実主義的政権である。

初めは民主党の理念を拡大する方針に

 おそらく最初の4年間は、共和党との違いを鮮明にしようと、前者の「民主党らしい理念」を中心として突っ走る政権を作るだろう。アフリカやアジアなど途上国への開発に資源(国家予算、人材)を投入することになると思われる。おそらく金融部門は、かなり強い規制を受けるだろう。これまでのように、ウォール街に世界中からマネーを集め、通貨を供給する力強い米国ではなくなる。それは米国の伝統的な価値観に反するものであり、共和党支持者はもちろんのこと、米経済を牽引してきたウォール街からの反発を招くだろう。

 ところがもしオバマ氏が再任を狙い始めたとすると、まったく逆のことを始める可能性が高い。後者の、身の丈に合わせた縮小主義的、国益主義的政権になる可能性がある。

 民主党の政権は、従来この振れが大きい傾向があった。というのは、クリントン政権がそうだったからである。クリントン政権は、発足当時、積極的に世界に打って出ようと、軍のみならず人的移動を伴う貢献を打ち出した。ところがソマリアの失敗によって、その後積極介入を止め、結果としてセルビアを抑えられずに、1999年にはコソボの悲劇を招いてしまった。

 オバマ政権では、イラク戦争からの早期撤退などで戦費は急減するかもしれないが、それよりも紛争地への外交的介入、アフリカなど低開発国への開発予算の増大があるだろうと予想する。

 残念ながら、選挙結果が語るように、共和党支持者の見ている夢は、もう米国には到底達成できないものなのかもしれない。民主主義を守るという名目によってイラク派兵を続ける戦費を見つつ、金融機関を公的資金で助けることなど、現在の米国の国力を超えているのだから。それは60年代に巨費を投じたアポロ計画を、70年代に止めてしまったことと同じだ。

コメント2件コメント/レビュー

アメリカは、まだ、筆者が言われるような民主主義的近代国家ではないのではないか。科学は発達しているが、まだ、日本で言えば、戦国時代である。アメリカンドリームと称して、数々の秀吉が生まれている。これをアメリカの民主主義のように言われるが、厳然と階級社会が存在する。市民が銃で武装しなければならないのは、アメリカとアフリカの一部だけになった。アメリカは、西部劇の時代を生きており、それを世界に広げようとしている。今回のオバマ大統領の登場は、アメリカがヨーロッパ(特に北欧)のようにあらゆる階層に民主主義が広がり、銃や膨大な弁護士を必要とする対立社会から脱皮するチャンスである。しかし、まだ、アメリカは戦国時代である。一発の銃弾で政権が変わる国である。どん欲な既得権階層の反撃からオバマ新大統領を守れるかが、アメリカの真の民主化への第一歩であるともいえる。(2008/11/06)

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アメリカは、まだ、筆者が言われるような民主主義的近代国家ではないのではないか。科学は発達しているが、まだ、日本で言えば、戦国時代である。アメリカンドリームと称して、数々の秀吉が生まれている。これをアメリカの民主主義のように言われるが、厳然と階級社会が存在する。市民が銃で武装しなければならないのは、アメリカとアフリカの一部だけになった。アメリカは、西部劇の時代を生きており、それを世界に広げようとしている。今回のオバマ大統領の登場は、アメリカがヨーロッパ(特に北欧)のようにあらゆる階層に民主主義が広がり、銃や膨大な弁護士を必要とする対立社会から脱皮するチャンスである。しかし、まだ、アメリカは戦国時代である。一発の銃弾で政権が変わる国である。どん欲な既得権階層の反撃からオバマ新大統領を守れるかが、アメリカの真の民主化への第一歩であるともいえる。(2008/11/06)

米国大統領に黒人がなるとは100%無いと思っていた。しかしオバマ大統領が誕生した。有権者数にしめる白人の割合は確かに90%台から70%台に下がった。それでも今回なるとは思わなかった。確かにオバマ氏は並の政治家ではない。そのカリスマ性で対抗できる政治家は世界にはいない。やはり米国だ。今後日本政治は多いに影響を受ける。新たな自由主義が創造される可能性がある。希望を持って見ていきたい。我が国も混乱を克服して新たな価値観に基づいた体制になることを望む。中途半端な妥協は日本を駄目にする。とことん国民の前で議論する事を望む。 (2008/11/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授