• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

オバマは“太陽経済”をもたらすのか

最大の岐路に立たされた世界、そして日本経済の行方

  • 山崎 養世

バックナンバー

2008年11月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 多くの読者の皆様から、世界の経済と市場についてのコメントが欲しい、という声を頂きます。新たなビジネスの立ち上げに奔走せねばならず、9月にいったん、休載のお知らせをした当コラムですが、今回は特別版として、世界経済の素描をお届けしたいと思います。

****

 世界経済の恐怖の10月が終わりました。11月5日、米国には、全く新しいタイプの大統領が誕生しました。どんな世界が始まるのでしょうか。

 10月の世界は、戦後最大クラスの、株式市場の大暴落を味わいました。あっという間に1000兆円を超える株式の価値が世界で失われました。いよいよ、世界大恐慌が始まったという言葉が勢いを増しています。さて、それは本当でしょうか。

当面の物価上昇でパニックを起こしたECBの間違い

 10月までの出来事を振り返って見てみましょう。9月からの株式暴落は、政策当局の失敗から起きました。もちろん、その底流には戦後最大の金融機関の危機があり、当局の危機への対処の誤りが暴落を呼んだのです。

 まず間違えたのは、7月に1バレル150ドルに近づいた石油価格に恐怖を感じ、利上げに踏み切ったECB(欧州中央銀行)でした。石油や食料品の価格上昇が、次には需要を落ち込ませ、デフレを生むという、35年前のオイルショック時に日本の高橋亀吉氏が指摘したメカニズムを無視しました。当面の物価上昇にパニックを起こして、金融危機が始まったのに金利を引き上げたのでした。

 しかも、オイルショック当時とは違い、先進国から途上国への労働流出が起きているから、賃金面からのインフレ圧力がない、というこれまでに私が指摘した点への洞察もなかったのです。1999年の大底である1バレル9.9ドルから150ドルにまで石油価格が上昇しても、先進国でインフレが起きないのは、人件費という、最大の物価決定要因が上がらないからなのです。

幻のインフレより怖いものを悟り協調利下げ

 次に、米国当局も決定的な誤りを犯しました。9月中旬のリーマン・ブラザーズの破綻を放置し政府系金融機関のファニーメイ、フレディマックの株式の価値がゼロになることも放置しました。戦前の経済体制なら、完全に大恐慌に突入していたような重大なミスでした。

 これによって、世界の金融市場は全面マヒ状態になりました。銀行も証券会社も相手がいつつぶれるか分からないから、お互いに資金を貸さなくなりました。資金は国債に逃避し、米国債の利回りはゼロに近づきました。

 反対に、民間の銀行間取引金利であるLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)はわずか20日間で、2.7%から4.7%にまで跳ね上がったのです。巨大銀行でも市場から資金が取り入れられない状態が続きました。米国政府が約70兆円の金融機関救済策を発表しても、全く効き目がありませんでした。

 戦前との違いが出たのがここからでした。事態の重大さにやっと気がついた欧州諸国が、いっせいに銀行と預金者の保護に回り、400兆円を超える前代未聞の救済策を発表しました。ようやく、幻のインフレの恐怖よりも、本当の恐怖が金融危機と景気の大幅減速であることを悟ったECBは、米国のFRB(連邦準備理事会)と一緒に協調して金利引き下げを行ったのです。

90年始初めの「失敗」に学ばなかった日銀

 事ここに至っても、世界の流れの外にいたのが日銀でした。昨年の8月以来の金融危機、株式、不動産の暴落が日本経済にも大きな影響を与え、不況に突入しているのが明白なのに、1年2カ月にわたって、金融緩和に抵抗し、インフレの懸念ばかりを強調してきました。不動産と株式バブルが崩壊を始めた90年初めから、1年半にわたって金融引き締めを続け、深刻な不況をもたらした失敗から学ばなかったのです。

コメント43件コメント/レビュー

国土の広い砂漠地方の国であれば太陽光発電も有効性が高いと思いますが、国土が狭く日照の不安定な日本にはそれ程向いていません。ドイツやスペインでの大規模な太陽光発電の建設は現行の商用電力の1.5から2倍以上の価格で太陽光発電電力を買い取る国家の政策のためだと思います。利益が発生しない事業は実現しません。この政策が終了した途端太陽光発電も終了となるでしょう。日本で家庭用に普及させる希望があるのであれば、まず、太陽光発電の設置費用を現行の1/4にして、修理や故障等の公的保険を拡充するか、あるいは設備全てをリースで行い、それでも利益が発生する様にすることが必要でしょう。それが出来れば実現の可能性があると思います。日本の経済的防衛的パフォーマンスを向上するにはむしろ、国家の全力を投入してでも工業レベルの核融合発電技術を開発することです。これを実現することが真の脱石油脱化石燃料になり、日本の安全保障の向上に大きく貢献すると思います。今、開発が停滞しているのは本気で実現する気がないためと言っても過言ではないでしょう。(2008/12/02)

「山崎養世の「東奔西走」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国土の広い砂漠地方の国であれば太陽光発電も有効性が高いと思いますが、国土が狭く日照の不安定な日本にはそれ程向いていません。ドイツやスペインでの大規模な太陽光発電の建設は現行の商用電力の1.5から2倍以上の価格で太陽光発電電力を買い取る国家の政策のためだと思います。利益が発生しない事業は実現しません。この政策が終了した途端太陽光発電も終了となるでしょう。日本で家庭用に普及させる希望があるのであれば、まず、太陽光発電の設置費用を現行の1/4にして、修理や故障等の公的保険を拡充するか、あるいは設備全てをリースで行い、それでも利益が発生する様にすることが必要でしょう。それが出来れば実現の可能性があると思います。日本の経済的防衛的パフォーマンスを向上するにはむしろ、国家の全力を投入してでも工業レベルの核融合発電技術を開発することです。これを実現することが真の脱石油脱化石燃料になり、日本の安全保障の向上に大きく貢献すると思います。今、開発が停滞しているのは本気で実現する気がないためと言っても過言ではないでしょう。(2008/12/02)

いや、なかなか面白い反応が来てますね。太陽エネルギーでは戦争が出来ない・・・。結構なことだと思います。戦争はエネルギー争奪戦なのですから、必要なくなるでしょうねぇ。化石燃料泥棒経済(泥棒と言う表現は若干、物議をかもしそうですが実体を言い表しているとは思いますので敢て使います)から太陽エネルギーフロー経済へ。これはあらたな文明への転換点にあるとみるべきなんだとおもいますね。収奪型の経済、富は限られていて分捕り合戦だという発想から、参加して生み出す協力して富を生産し分かち合う公平で公正な経済への可能性も見えてきますね。是非、太陽経済の会にも参加させて頂きたいものです。(2008/11/21)

山崎さんのご意見は流石と思いながら、何時も読んでいます。一つ教えて下さい。世界が化石燃料経済から太陽経済に変わらねばならない事、その技術開発で日本は活路を見出すべきと言うご意見には120%賛成で、可能だと思いますが、それでは航空機、船舶の燃料は代替出来ると思われますか。医薬品、合成樹脂などは代替可能かと思いますが。その点、私は今ある化石燃料をそういう代替不可能と思われる分野に絞り、消費を許す世界的な取り決めが要る様に思いますが、この点の先生のご意見お聞かせ下さい。(One Color)(2008/11/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授