• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

輝きを失う、“世界の工場”中国

品質欠陥と知的財産の盗用への不安高まる

2008年12月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Pete Engardio (BusinessWeek誌、国際シニアライター)
米国時間2008年11月26日更新 「China Losing Luster with U.S. Manufacturers

 養殖ウナギから玩具、薬品から乳製品に至るまで、この2年間で中国産製品のずさんな品質管理の実態が明らかとなり、“世界の工場”としての中国の魅力は大きく損なわれる結果となった。サプライチェーン分野の調査コンサルティング業務を専門とする米AMRリサーチの最新調査によると、品質に対する不安から、米国の製造業者は中国への生産委託計画を縮小しつつある。

 代わって注目を集めているのが、メキシコなどの米国の近隣諸国だ。製薬会社(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年9月4日「Chinese Scientists Build Big Pharma Back Home」)からコンピューターや自動車部品のメーカーまで米製造業130社を対象に、10月中旬に実施された今回の調査では、AMRが同様の調査を行った5月以降、中国に対する意識が大きく変化していることが明らかとなった。

 中国製造業にまつわる問題として、今年に入って人件費、輸送費、原材料費の高騰が大いに注目を集めたが、今回の調査で判明した米製造業者の中国に対する意識変化は、輸出大国・中国にとってはるかに深刻な問題だ。

 調査では、米国内で販売される製品の調達に関わる15のリスク要因について、世界中の様々な地域の評価を尋ねている(ただし中国と米国は、それぞれ国でなく1つの地域として区分)。ほんの数カ月前、中国に対する最大の不安は、工場労働者の賃金上昇と、燃料価格高騰による海上運賃の上昇だった。ところが、その後原油価格が60%下落し、中国の対米輸出が急減したことで、スポット運賃は暴落している。

中国のリスクの高さが様々な調査項目で突出

 現在、中国に関する最大の不安要素となっているのは、品質問題と知的財産の盗用だ(BusinessWeek.comの記事を参照:2006年4月27日「China’s Intellectual Property Thicket」)。回答者の半数が製品の品質欠陥について、また57%が知的財産の侵害について、「リスク」が最も高い地域として中国を挙げている。5月の調査時と比べて大幅に増加しており、この2項目で中国以外の地域をトップに挙げた回答はわずか7%に過ぎない。

コメント2件コメント/レビュー

極最近の話では中国に進出した中小企業は投資した設備などのすべてをそのまま捨てて日本に逃げ帰っている様です、全てを捨ててもその方が安いのだそうです。ここには書かれていないリスクが中国には在るのだと思います、より深い調査を期待します。(2008/12/05)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

極最近の話では中国に進出した中小企業は投資した設備などのすべてをそのまま捨てて日本に逃げ帰っている様です、全てを捨ててもその方が安いのだそうです。ここには書かれていないリスクが中国には在るのだと思います、より深い調査を期待します。(2008/12/05)

当然のことでしょう。今頃気づいたアメリカ企業は間抜けですね。アメリカの工業生産は壊滅しているから、中国から抜けるに抜けられない。日本も同じ状態になりつつある。日本の頭のいい経営者は、最初から中国のリスクをわかっていて、あえて進出しなかったはずです。(2008/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長