• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ドバイにも人員削減の波

金融危機が直撃、救済のカギ握るアブダビ

2008年12月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Stanley Reed (BusinessWeek誌ロンドン支局チーフ)
米国時間2008年12月3日更新 「The Downturn Hits Dubai

 アラブ首長国連邦(UAE)の有力者はここ1年ほど、西側諸国で広がる信用危機に動揺しつつも、対岸の火事として眺めていた。小国ながら石油資源が豊富なUAEには影響が及ばないと高をくくっていたのである。だが、世界的な金融危機とは長い間無縁だったUAEにも、ついにその波が押し寄せてきた。ペルシャ湾岸諸国の経済の生命線である原油の価格が、今年7月中旬のピーク時から60%以上も下落したのだ。

 UAEのもう1つの主力商品である不動産の価格も下落し始めた。その傾向が特に顕著なのは、連邦の中でも石油資源の乏しいドバイ首長国だ。あるドバイ不動産業界関係者の試算では、年初からの8カ月で約14.4%上昇していたドバイの不動産価格はここにきて突然、20~30%も下落。中には、50%下落した物件さえあるという。

 別荘やマンションの価格が下落し、販売も低迷する中、ドバイを象徴する椰子の木形の人工島建設を手がけたナキールをはじめとするドバイの政府系不動産開発大手各社は、建設を中断して人員削減を行っている。

 不動産業界ほど大規模ではないが、人員削減の波は米モルガン・スタンレー(MS)や米ゴールドマン・サックス(GS)をはじめとする投資銀行にも及んでいる。ペルシャ湾岸地域はこれまで、投資銀行が世界で唯一好調と見ていた地域だ。その湾岸地域で人員削減が始まったことで、湾岸地域を世界の金融センターにするという悲願を抱く各首長国首脳は危機感を強めている。

 今、湾岸地域には冷たい風が吹き荒れている。信用市場は収縮し、株式市場は暴落。圧倒的な存在感を誇ってきた政府系のソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)は、来るべき石油資源の枯渇に備えるという設立目的とは裏腹に、何千億ドルもの巨額な含み損を抱えていると見られる。

“軍事会議”さながらの金融危機対応委員会

 最も危機的状況にあるのは、UAEの7つの首長国の中で2番目に大きいドバイだ。ドバイではこの10年間、借り入れによる建設・買収ラッシュが続いてきたが、指導者らはようやく、その現状を見直す必要に気付き始めた。

 ドバイの権力者の新たな認識が明確になったのは、ドバイのムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム首長が11月24日に召集した金融危機対応委員会だった。軍事会議さながらのこの委員会は、ドバイ・ワールドエミレーツ航空ドバイ・ホールディングなど、ドバイの首長一族や政府が経営する企業(いわゆる「ドバイ株式会社」)の経営トップ9人で構成。委員長を務めるムハンマド・アルアッバール氏は「我々は新たな現実を理解している。そのことに間違いはない」と述べた。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師