• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

公務員採用試験にやってきた“包帯ぐるぐる巻き”の女性

厳しい中国の就職戦線で高まる公務員人気

2009年1月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年11月3日、遼寧省撫順市で「地方公務員採用試験」の面接が行われた。面接試験は午前と午後に分かれて実施され、それぞれ64人と87人が受験した。午前中の面接試験は何事もなく終了したが、午後の面接には頭から顔にかけて包帯をぐるぐる巻きにした女性の受験生が現れたことで面接会場は驚きに包まれた。

 受験生の名前は“姚瑞雪(ようずいせつ)”。面接官が姚瑞雪から聴取したところでは、3日前の10月31日に母親の家があるマンションの廊下で覆面をした2人組に襲撃され、ガラス瓶の破片で顔面をひどく傷つけられて入院していたのだという。

なぜ彼女は襲撃され面接に来たのか?

 面接当日、姚瑞雪は医者や家族の反対を押し切って面接に参加したのであった。彼女が就職希望先として選定して受験を申し込んだのは、撫順市が管轄する新賓県北四平郷政府の“事務室文書秘書”であり、その採用人数は1人。9月6日に行われた筆記試験にはこの1人の採用枠に対して30人以上が参加したが、10月30日に発表された“面接資格通知書”の名簿には、筆記試験合格者として姚瑞雪ともう1人馬瑶(仮名)という名前があった。

 これは「採用予定が1名の場合は成績優秀者上位2名に面接資格を与える」という試験規定によるもので、姚瑞雪は上位2名の1人に選ばれたのであった。即ち、面接試験を通じて2人で1つの椅子を競うのだから50%の確率、可能性は極めて高い、だからこそ姚瑞雪はその可能性に賭けて重傷を押して面接に参加したのであった。

 10月30日に発表された面接資格者のリストには、新賓県北四平郷政府の事務室文書秘書として姚瑞雪と馬瑶の名前が記載されていたが、筆記試験の成績は、第1位が馬瑶で総合成績141.7点(内、行政職業能力測定試験 77.7点)、第2位が姚瑞雪で総合成績137.95点(内、行政職業能力測定試験 70.45点)となっていた。

 馬瑶は遼寧省の某大学国語学部4年生で来年卒業予定。一方の姚瑞雪は1999年8月に撫順市の某専門学校の英語科を卒業したが、何度も就職試験に失敗し、現在は実験小学校で英語の臨時教員となっている。両者にとってこの面接結果の吉凶はそれぞれの人生を決定づける最重要事項だったのである。

父の積年の願い

 さて、馬瑶の父親、馬明徳は10月30日の面接資格者リストの発表を心待ちにしていたが、娘の馬瑶が事務室文書秘書の筆記試験で第1位であることを知って歓喜した。四十数歳の馬明徳は1980年代に職業高校を卒業したが、種々の理由から大学に合格せず、一介の技術者として大学卒業でないことを終生の悔やみと考えている人物であった。

 娘の瑶が生まれると、馬明徳は娘に自己の理想の実現を託し、大学卒業により優良な就職先が確保されることを夢見るようになった。この期待に応えて馬瑶は成績優秀で遼寧省の某大学国語学部に入学し、いよいよ来年は卒業で就職活動の時期を迎えていた。馬明徳は“掌上明珠”(=愛されて大切に育てられた娘)の馬瑶を何としても地方公務員にならせたいと考え、競争相手の姚瑞雪を排除すれば馬瑶は無競争で就職できると短絡的に考えたのである。

コメント2

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「公務員採用試験にやってきた“包帯ぐるぐる巻き”の女性」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授