• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インドの子供にノートパソコンを

  • business today

バックナンバー

2009年1月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Laptop largesse

発展途上国の子供すべてにノートパソコンを提供するという意欲的な運動を展開する「OLPC(One Laptop Per Child)」という非営利組織がある。OLPCはハイテク業界のビジョナリー(ビジョンを持ったカリスマ的指導者)、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のニコラス・ネグロポンテ教授が提唱した構想だ。

 支援対象である5~12歳の人口が1億1000万人を占めるインドは、OLPCにとってぜひともこの運動を推進したい地域である。

 OLPCインド支部を指揮するサティシュ・ジャー委員長にとって、子供と関わるこうした運動には馴染みがあった。1980年代に妻のアミタがインドのポリオ撲滅運動に参加、この活動でポリオに苦しむ子供の数は、わずか数年で60万人以上から約10万人に減少したからだ。


2008年1月16日、インド・ムンバイの北75キロメートルにある街カイラートの学校で、米非営利団体One Laptop Per Child(OLPC)から贈られたノートパソコンをのぞき込むニワトリ ©AFP/Pal PILLAI

 「OLPCの活動もこれと同じで、無知に対する予防接種だと考えている」とジャー氏は話す。子供に配布するのは「XO」と呼ばれる低価格のノートパソコン。米OLPCはインターネット通販大手アマゾン・ドット・コムと提携し、ユーザーがどこかのノートパソコンを1台購入するごとにXOノートが1台寄付されるというプログラムを展開している。

「インド発 Business Today」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長