• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国は大丈夫か[38]究極のトヨタ方式をこの地で~中国発自動車大革命(4)

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2009年1月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2008年、中国における自動車販売台数は前年比6.7%増の928万台だった。それまでの3年間は伸び率が20%を上回っていたから急減速だ。「2010年には1000万台」と言われた巨大市場もバブルにかさ上げされた面が大きかった。巨大な販売台数を前提としていた自動車メーカーは今度、どう変わっていくのだろうか。2006年に掲載した「中国発自動車大革命」。第4回は「日系メーカーかく戦えり(2)」

* * *

2006年9月18日号より

 中国の自動車販売台数は今年、670万台を超え、584万台の日本を抜き、米国に次ぐ世界2位に躍り出る見込み。原動力となったのが、3万元(約44万円)という値段に代表される民族系メーカーの安価なクルマだ。「安い価格でそれなりの品質」だった中国車も外国から技術を導入し、品質向上を急いでいる。中東やアフリカ、中南米などの低所得新興国への輸出ラッシュも始まった。

(編集委員 石黒 千賀子、伊藤 暢人、宮東 治彦、大西 孝弘、佐藤 嘉彦、
北京支局 田原 真司)

トヨタ自動車

 組み立てラインの上にぶら下がっているロープをその人が引くと、ライン脇のカラーディスプレーが黄色に変わり、すぐに指導員を示す帽子を被った人が飛んできた。険しい表情で「どうした」と作業員に聞く。しばらくしてディスプレーは赤色に変わり、ラインが停止した。

トヨタ方式、数十年に1度の大変化

 「いいんだ。俺がやっておくから」と飛んできた指導員を制し、「これが『ストップ紐』で、これを引くと『あんどん』の色が黄色に変わり、救援が必要なサインが出る。そして、ラインがこの位置まで動いて止まる。これを『定点停止』と言う…」と、その人は説明を続けた。

 その人とは、広州トヨタの葛原徹・総経理、57歳。今年5月23日に本格生産を始めてから日がたっていない忙しい時期に、わざわざラインを止めて説明してくれたのは、この広州トヨタの工場が“普通”ではないからだ。

 実は、トヨタ自動車の生産システムが、飛躍的な進化を始めた。それも数十年に1度とも言える大変化が、広州トヨタを舞台に繰り広げられようとしているのだ。そこで指揮を執る葛原総経理は「現在考えられる限りの徹底したトヨタ生産システムを目指す。それが私に与えられた使命だ。これまでは制約が多くてできなかったことを、ここで一気に実現させる」と語る。恐らく、アドレナリンが大量に作られているに違いない。葛原総経理の熱意と興奮は、会う人全員に伝わってくる。

プロ中のプロが指揮を執る

 葛原総経理はトヨタ生産システムに精通したプロ中のプロ。主力工場の1つである元町工場(愛知県豊田市)で組立課長を務めた後、1992年に当時の技術の粋を集めたトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)の立ち上げに参加。2002年には元町工場で海外自立支援室長を務め、常にトヨタとして最先端の工場建設に携わってきた。そのプロが熱く燃えているのである。

 広州トヨタ最大の特徴は工場のレイアウトだ。デンソーやアイシン精機などの部品メーカー13社が公道を挟んで広州トヨタと向き合うように並んでいる。その配置がノウハウで、部品を運ぶ際の時間が最も短くなるように、物流を考えて部品メーカーの場所を決めた。そして、新開発の専用台車が部品メーカーと広州トヨタを往復して、必要な部品を必要な時にジャスト・イン・タイムで供給している。

搬送費はトヨタが負担します

 部品を専用台車で供給する仕組みはトヨタ初。1台に45分の作業量に当たる部品が積まれた専用台車は公道を走れないので、部品メーカー群と広州トヨタの間に走る公道の下に地下トンネルを2つ掘り、公道を通らずに部品が供給される。公道をトラックで運ぶのと違い渋滞や事故のリスクがない。

コメント0

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師