• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

果敢に羽ばたくエア・アジア

インドに格安航空の参入なるか

  • business today

バックナンバー

2009年2月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Flying high

今年1月8日、トニー・フェルナンデス氏は汗まみれになりながら午前の3時間、マレーシアの首都クアラルンプールにある空港の格安航空ターミナル(LCC-T)で、エア・アジアの貨物職員とともに荷物の積み下ろしをした。数週間前には貨物スタッフと貨物地区で物流システムについて話をしていた。フェルナンデス氏はチェックインカウンターで乗客の搭乗手続きもよく行う。


マレーシアのエア・アジアを率いる、トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)。格安航空会社として2001年以来、急成長を遂げ、インドへの本格参入を狙っている

 エア・アジアCEO(最高経営責任者)として、フェルナンデス氏の行動はインドでは奇異の目で見られるだろう。だが、このような労働者哲学と細かい気配りこそが、フェルナンデスCEO率いるマレーシアのエア・アジアをアジア航空業界大手へと押し上げた原動力だ。現在、75機の航空機で中国やオーストラリアをも含めた110路線を運航する。なお、この労働者哲学と細かい気配りは格安航空業界のカリスマで長年、米サウスウエスト航空のCEOを務めたハーブ・ケレハー氏を見習ったものだ。

インド国民に格安海外旅行を

 フェルナンデスCEOはインドのゴア出身の父とマレー系インド人の母を持つ。インドに照準を合わせ、このほどクアラルンプールからインド南東部の都市、ティルッチラーッパッリまで格安の片道54ドル(約4860円)の路線を就航させた。この路線は現在、搭乗率92%と盛況だ。さらにデリーとムンバイからタイの首都バンコクとクアラルンプールへの路線も検討している。フェルナンデスCEOは「他社より50%安くできる」と言う。これらの新路線は、英ヴァージン・グループの創設者で航空業界の重鎮、リチャード・ブランソン氏が20%を出資するエア・アジアXが運航する。

 フェルナンデスCEOは「今まで旅行ができなかった顧客をターゲットにしている。格安のため、犠牲にしたものもある。例えば面積当たりの座席は他社より多い。しかし、インドネシア・バリ島旅行を夢見てきたデリー住民には6時間の狭い座席での飛行も、格安ならそう長くは感じないはずだ」とつけ加える。

 業界では、フェルナンデスCEOがインドでエア・アジアの合弁事業を展開するかを巡って憶測が飛び交っている。実現すればインド航空業界の勢力図が塗り替えられるからだ。外国の航空会社がインド航空業へ出資することは現在は禁じられている。従って、エア・アジアの合弁事業が2009年内に実現するのは難しそうだが、航空政策は外資の規制緩和に向かっており、業界関係者は「2009年に25%、2010年には49%以下まで投資が可能になる」と見ている。

 エア・アジアがインドで直面する問題は投資規制だけではない。格安航空はコスト削減のため利用料金が安い第2次空港から発着するが、インドではその発着枠が足りない。しかもそのほとんどが掘っ立て小屋程度の設備しかないと航空宇宙専門家ハルモーズ・ママ氏は報告書「インドの航空産業――その課題と見通し」で指摘する。拠点空港は乗客で溢れ、機体は着陸前に限りなく上空を旋回させられ、離陸は長い順番待ちで燃料を無駄にする。すべて薄利の格安航空には痛手だ。各州が39%まで課税することが許可されているジェット機燃料は国際水準より60%も高い。ほかにも航空管制官の慢性的な不足、ひどい設備、パイロットの高給、政府が決めた曲がりくねった航空路など問題は山積している。

コメント0

「インド発 Business Today」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長