• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マイクロソフト、携帯事業で巻き返しなるか?

新端末「Windows phone(ウィンドウズ・フォン)」の普及を狙う

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年2月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Peter Burrows (BusinessWeek誌シニアライター、シリコンバレー)
米国時間2009年2月10日更新 「Can Microsoft Catch Up in Mobile?

 米マイクロソフト(MSFT)の経営陣は長年、パソコンとインターネット、携帯電話の間でシームレスに情報を共有できる構想を温めてきた。だが、その構想実現へ向けた進歩は、少なくともこれまでは、ほとんど見られなかった。

 マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)は2月16日、スペインのバルセロナで開催される世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress(モバイル・ワールド・コングレス)」の会場で、同社のモバイル戦略の大幅な見直しを発表する。

 新しい計画の一部は、単にこの分野での後れを取り戻すためのものだ。例えば、マイクロソフトのOS搭載の携帯電話ユーザー向けに、各種ツールやゲームなどのアプリケーションのダウンロードサービスを提供するオンライン・アプリケーションストアの開設を発表する見通しだ。

 米アップル(AAPL)は昨年7月に「App Store(アップ・ストア)」を開設、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM、RIMM)やフィンランドのノキア(NOK)なども独自のサービス計画を発表している。

 そのほか、「My Phone(マイ・フォン)」という新サービスの提供も発表が予定されている。これは、携帯電話ユーザーが自分専用のウェブサイトと写真や連絡先、動画などのファイルを自動的に同期化し、後でそのファイルにパソコンなどのインターネット接続可能な機器からアクセスできるサービスである。

 だがマイクロソフトには、今後1年半の間に、新端末の「Windows phone(ウィンドウズ・フォン)」を開発し、個人向け携帯端末の新たな主流にしたいとの思惑もある。これまで同社は、携帯電話用OS「Windows Mobile(ウィンドウズ・モバイル)」を韓国のサムスン電子や英ソニー・エリクソンといった携帯端末メーカーへ供給し、端末は各メーカーが独自のブランドと戦略の下で販売してきた。現在マイクロソフトは、ウィンドウズ・フォンを、ウィンドウズOS搭載パソコンとの親和性が高い最も賢明な選択肢としてユーザーに認知させたいと考えている。

 マイクロソフトのモバイル通信事業部マーケティング担当責任者トッド・ピーターズ氏は、一大広告キャンペーンの実施を念頭に、「ウィンドウズ・ブランドで相乗効果を得ることを目指す。将来的には、消費者にウィンドウズ・フォンを指名買いしてもらえるようにしたい」と語る。

 そうなれば状況は確実に変化するだろう。マイクロソフトは、いわゆる「スマートフォン(多機能携帯電話)」事業にいち早く乗り出したものの、ウィンドウズ・モバイルのブランド認知度は、アップルの「iPhone(アイフォーン)」やRIMの「BlackBerry(ブラックベリー)」、あるいは米パーム(PALM)の製品ほど高くはない。

コメント1件コメント/レビュー

UMPC構想がネットブックに破れた既成事実を前にDSP制限などをなし崩し続けているMSが今取るべき戦略が、後出しに過ぎるWindowsPhoneでのハード部門への進出なのか正直疑問に思います。ソフト屋のMSが各デスクトップOSと完璧な親和性互換性を持ちスタンドアローンでNT並の堅牢な動作性応答性を持ったハードとして出せるのであれば最適解として意義も意味もシェアも見込めるでしょうが、それであればCEからWindowsMobile,XP Embedded,VistaHomePremiumまで錯綜するセグメントを横断統合できるパッケージとして出しているでしょうから期待できません。そして、そうでなければiPhoneほどの目新しさもHTCのPDAやBlackberry程の実用的な成熟も見込めない新商品にはとても期待できないというのが現実的な予想です。(そもそもWindowsMobileは.Netベースのソフトウェアによるカスタマイズを前提として初めて使用に耐えうるといった水準のものですから、誌面にあるような半端なMS Mobileアプリケーションの充実はWin9x時代のメーカー添付アプリケーションと同程度のメリットデメリットしかありません)WindowsMobileのVer表記をなくしてCIの統一をはかること自体は結構ですが、ならActiveSyncの様な互換性問題も一緒に解決できるとはとても思えません。個人的私見ではありますが新商品投入での拙速なシェア確保よりも肥大化したセグメント分析とそれにあわせたOSの再統合をこそ願いたいものです。(このままではシンクライアントに特化した軽量安定したOSとHDコーデックからオフィス用途までスペックに応じて実装を最適化しうる準デスクトップOSをひとつにまとめて帯に短く襷に長いモノしかできそうにありませんから)"アンディ・グローブが与え、ビル・ゲイツが奪う"のもハードがマルチコア化したのと同様にいい加減限界があるというのをぜひとも再認識して頂きたいものだと思います。(2009/02/17)

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

UMPC構想がネットブックに破れた既成事実を前にDSP制限などをなし崩し続けているMSが今取るべき戦略が、後出しに過ぎるWindowsPhoneでのハード部門への進出なのか正直疑問に思います。ソフト屋のMSが各デスクトップOSと完璧な親和性互換性を持ちスタンドアローンでNT並の堅牢な動作性応答性を持ったハードとして出せるのであれば最適解として意義も意味もシェアも見込めるでしょうが、それであればCEからWindowsMobile,XP Embedded,VistaHomePremiumまで錯綜するセグメントを横断統合できるパッケージとして出しているでしょうから期待できません。そして、そうでなければiPhoneほどの目新しさもHTCのPDAやBlackberry程の実用的な成熟も見込めない新商品にはとても期待できないというのが現実的な予想です。(そもそもWindowsMobileは.Netベースのソフトウェアによるカスタマイズを前提として初めて使用に耐えうるといった水準のものですから、誌面にあるような半端なMS Mobileアプリケーションの充実はWin9x時代のメーカー添付アプリケーションと同程度のメリットデメリットしかありません)WindowsMobileのVer表記をなくしてCIの統一をはかること自体は結構ですが、ならActiveSyncの様な互換性問題も一緒に解決できるとはとても思えません。個人的私見ではありますが新商品投入での拙速なシェア確保よりも肥大化したセグメント分析とそれにあわせたOSの再統合をこそ願いたいものです。(このままではシンクライアントに特化した軽量安定したOSとHDコーデックからオフィス用途までスペックに応じて実装を最適化しうる準デスクトップOSをひとつにまとめて帯に短く襷に長いモノしかできそうにありませんから)"アンディ・グローブが与え、ビル・ゲイツが奪う"のもハードがマルチコア化したのと同様にいい加減限界があるというのをぜひとも再認識して頂きたいものだと思います。(2009/02/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授