• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米IBM、サン買収でクラウド事業が加速か

クラウドコンピューティング時代に向けた再編へ

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Steve Hamm (BusinessWeek誌シニアライター、ニューヨーク)
米国時間2009年3月18日更新 「How Sun Would Help IBM Get into the Cloud

 IT(情報技術)業界が一大転機を迎える中、米IBM(IBM)が米サン・マイクロシステムズ(JAVA)の買収交渉を進めているとの報道があった。企業や一般消費者の間で、コンピューター処理のあり方が様々な面で大きく変わろうとしており、サンのインターネット関連技術を手に入れれば、IBMはこうした変化により柔軟に対応できるようになる。

 買収が実現すれば、IBMは、サンのコンピューター、プロセッサー、ソフトウエアなどの多彩な技術を手中に収め、IT業界でも屈指の研究者や技術者を確保できることになる。また、政府機関や通信などの主要市場での営業力の強化にもつながる。

 今回の買収で特に重要な意味を持つのは、クラウドコンピューティングに関してサンが様々な可能性を秘めている点だろう。

 クラウドコンピューティングとは、コンピューターの処理をインターネット上で行い、有償のサービスとして利用するという新たな技術だ。高価なハードウエアの購入、運用、管理を企業が独自に行う必要がなく、料金は月額払いでいい。サービスを提供するプロバイダーは、巨大なデータセンターでの非常に効率のよいコンピューターの運用に特化している。

 IBMでエンタープライズ事業を担当するゼネラルマネジャー、エリック・クレメンティ氏は、買収報道の2週間前の時点で、「クラウドコンピューティングは、コンピューター処理の利用方法や提供方法をがらりと変える。我々の業務のあらゆる面に変革をもたらす潜在力を秘めている」と話していた。

クラウド導入はまだ少数派

 しかし、そんな潜在力を生かしている企業はまだ少ない。IT業界ではクラウドコンピューティングが数年前から大きな話題となってはいるが、企業での導入事例は極めて少ないのが実情だ。

 米市場調査会社フォレスター・リサーチ(FORR)が企業のIT購買担当者を対象として2月に実施した調査によると、米アマゾン・ドット・コム(AMZN)や米ラックスペース(RAX)などが提供するクラウドサービスを利用している企業はわずか5%だった。

 クラウドコンピューティングについての知識がほとんどない企業も多く、大企業が利用できるクラウドサービスも少ない。また、コンピューター処理を外部のプロバイダーに委託することに疑念を持つ企業もある。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師