• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソニー、米アマゾンに勝負を挑む

米グーグルと提携し、無料の電子書籍50万冊を投入

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年3月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Douglas MacMillan (BusinessWeek.comスタッフライター、ニューヨーク)
米国時間2009年3月20日更新 「Sony: Take That, Amazon!

 米アマゾン・ドット・コム(AMZN)のジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)は、同社の電子書籍端末「キンドル」の販売台数については固く口を閉ざしているが、キンドルで読める電子書籍の数については口が滑らかだ。現時点でその数は25万冊に及ぶという。

 だが、ライバルのソニーの発表で、その数も急にかすんで見えるようになってしまった。

 ソニー(SNE)は3月19日、同社の電子書籍端末「ソニー・リーダー」で利用可能な書籍を、現在の10万冊から大幅に増やすと発表。米グーグル(GOOG)と提携して、50万冊もの無料書籍を投入するという。

 グーグルは、「グーグル・ブック検索」向けのプロジェクトとして、700万冊に及ぶ書籍をスキャンしてデータベース化している。提携内容の詳細については両社とも公表していないが、グーグルによると、ソニー・リーダー向けの書籍は今後さらに増える予定で、スキャン済みの作品の中から、著作権が消滅しているものを提供するという。

 ここ数カ月、アマゾンの電子書籍端末の新型機「キンドル2」ばかりが話題を集めてきたが、より多くの書籍が読める今回のソニー・リーダーの登場で、アマゾンの勢いが削がれる可能性もある。

 メディア及び出版関連の調査会社である米シンバ・インフォメーションのアナリスト、マイケル・ノリス氏は、「アマゾンはキンドルの強みの1つとして、利用できる書籍の数を挙げてきた」と話す。

 ソニーの端末で無料で読めるようになった作品の中には、キンドルでは有料のものが少なくない。例えば、ケネス・グレーアムの児童文学の名作『たのしい川べ』をキンドルで読むには2.39ドルかかるが、ソニーの端末なら無料で読める。

ソニーは機器本体へ注力

 だが、今回の発表で何より鮮明になったのは、ソニーとアマゾンの戦略の大きな違いだ。長い目で見ると、この違いはアマゾンに有利に働く可能性がある。

 アマゾンは最近、米アップル(AAPL)の携帯電話「iPhone(アイフォーン)」など、キンドル以外の機器向けにも電子書籍の販売を開始した。このことからも分かるように、同社は機器本体だけでなく、電子書籍の販売にも力を入れている(BusinessWeek.comの記事を参照:2009年3月5日「Amazon's Apple Deal: Kindle Cannibal?」)。

 一方のソニーは、無料の書籍を大量に投入して、機器本体の販売に力を入れる方針のようだ。

 米調査会社ガートナー(IT)のバン・べーカー氏は、「アマゾンは電子書籍に注力し、ソニーはハードウエアに注力している」と話す。

コメント1

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授