• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「あらゆる違法がそこにある」ソマリア人コミュニティーを訪ねる

ソマリアに続く“武器街道”を行く(2)

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2009年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アフリカで最も民主主義が発達し、根づいている国の1つ、ケニア。筆者は今、そこに滞在している。国の北東部でソマリアと国境を接しているが、ソマリアとは国の体制が全く異なる。ケニアは人道、人権、民主主義を真に理解する開かれた国だ。その国に、ソマリア人のコミュニティーがあるという。

 筆者が出国する前、「ソマリア人コミュニティーに行ってくるといい」と助言をしてくれた人物がある。国際海事局(International Maritime Bureau)のディレクターだ。「クレンジング(資金洗浄)を含む、あらゆる違法がそこにはある」ということだ。

嫌悪感と警戒心でソマリア人を見つめるケニア国民

 「ソマリア人コミュニティーに行きたいので、連れて行ってくれませんか」

 現地で雇った運転手にそう告げると、彼は目を丸くした。「そこはEastleigh(イーストレイ)っていう地域だが、そこに何の用事がある?」といぶかしんだ。

 筆者は改めて今回の取材の目的を話し、協力を願った。その運転手というのは、筆者の友人である某国のセキュリティー関係者が「彼を雇うといい」と教えてくれた人である(ちなみに、某国のセキュリティー関係者とは、数日後にナイロビで落ち合うことになっている)。

 「友達の友達だから、友達だ」というノリで、その運転手とは初対面の時から様々な話をし、彼の言い値も払ってきた。だから、「コミュニティーに連れて行って」と言えばすぐに、「あいよ」と動いてくれるかと思っていたのだが、ソマリア人コミュニティーの名を出したことで、彼は急に顔をしかめたのだ。

 今回の取材旅行の目的を改めて話すと、彼は「ああ、それは取材というより、調査だね」と反応し、理解してくれた。そして「車から絶対に降りないこと。ゆっくり運転するから、何かやりたいことがあれば、指示をしてくれればいい」と言った。

 筆者が逗留している地域は、首都の中心から北へ車で30分以上かかるところに位置し、アメリカ大使が地域の入り口に居を構え、警察の寮と国連機関が軒を連ねている、首都の中でも最も治安が良く、美観も備えているところだ。国連職員はこの地域からほとんど出ずに、用を済ませることができる。その「完璧な空間」から、違法がまかり通る地域へと車を進めた。

 30分ほど行ったあたりから、ちらほらと、明らかにソマリア人と分かる女性を見かけるようになった。頭からベールをかぶり、首から下もすっぽりと1枚の服で覆っている。服の色は赤、黒、焦げ茶色が多い。運転手はある道に入ったところで、「時計を外して、バッグを座席の下に入れて」と筆者に助言をし、窓を閉めた。

 ソマリア人が、ひしめき合うようにいる。昼日中から大の男たちが数人固まっては何事かを話し、携帯電話をしきりに使っている。音楽に合わせて楽しげに踊ったりしているわけではなく、額を突き合わせて相談をしているふうである。まさに、「たむろしている」という様子だ。「彼らは仕事をしていない。いったい、どうやって暮らしているんだか」と、運転手は顔をしかめた。

コメント0

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師