• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマが示す“戦後大統領”としてのスタイル

「軍最高司令官」のクールな現実主義的思考

2009年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いよいよオバマ外交が本格的に動き出した。

 3月20日、オバマ大統領はビデオメッセージを公表してイランに直接対話を呼びかけるという異例の行動に打って出て世界を驚かせた。3月31日にはオランダでアフガニスタン国際閣僚級会議が開催されることになっており、アフガン新戦略も近々正式に発表されることになっている。

 また4月初頭には欧州を歴訪し北大西洋条約機構(NATO)首脳会議やロシア大統領との首脳会談も予定されており、今後の国際秩序に影響を与える重要な外交行事が目白押しである。

 大統領就任から2カ月が経過し、オバマ大統領の運営スタイルや政策決定のアプローチ、それに同政権が重要視するアフガンやイランに対する新しい戦略の柱などが次第に明らかになってきている。そこで本連載では、これから3回に分けて、「動き始めたオバマ新外交」を詳しく見ていきたい。

“戦時”色なき最高司令官

 3月23日付の米ニューヨーク・タイムズ紙は、「ホワイトハウス・メモ、戦時における軍隊の指揮を“戦時大統領”としてではなく」と題した興味深い記事を掲載した。題名が示唆するように、この記事は「戦時大統領」として対テロ戦争に全精力をつぎ込んだジョージ・ブッシュ前大統領と、オバマ新大統領の「軍最高司令官」としてのスタイルの違いに焦点を当てている。

 ブッシュ前大統領が自身をしばしば「戦時大統領(war president)」と呼んだのに対し、オバマ大統領の使うボキャブラリーの中にはそもそもこの言葉自体がない、とこの記事の著者シェリル・シュトルベルクは書いている。

 「ブッシュ氏が毎朝大統領執務室に入ってから最初に会う人物は国家安全保障問題担当の大統領補佐官を務めたスティーブ・ハドリーであり、前日にイラクとアフガンで何が起きたかについて話をすることから一日が始まった。その後8時ぴったりに大統領日次報告という極秘のインテリジェンス報告が、大統領のスケジュールの中では神聖な時間帯として常に設けられていた」

 シュトルベルクはこのように書いて、ブッシュ前大統領が、大統領執務室に入ったその瞬間からイラク、アフガン、対テロ戦争に日々忙殺されていた様子を描いている。

 これに対してオバマ大統領は、この大統領日次報告に外交・安全保障だけでなく経済に関する報告も加えるよう変更しており、大統領日次報告の時間もその日によってまちまちだという。経済情勢報告が一番に行われる日もあれば、娘の学校の訪問後に行われることもあるのだという。

 オバマ大統領は、ブッシュ政権時には恒例となっていた大統領とイラク現場司令官との毎週のビデオ会議も廃止したという。これはイラクの治安状況が改善したという事情にもよるが、大統領としてのマネジメントスタイルの変化という要素も大きい、とシュトルベルクは述べている。

コメント0

「世界鑑測 菅原出の「安全保障・インサイド」」のバックナンバー

一覧

「オバマが示す“戦後大統領”としてのスタイル」の著者

菅原 出

菅原 出(すがわら・いずる)

ジャーナリスト/国際政治アナリスト

アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。在蘭日系企業勤務、ジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社役員などを経て、現在、国際政治アナリスト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長