• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北朝鮮ミサイルでオバマ政権は動かない

最重要課題はアフガン、イラン。関心の低い北朝鮮

2009年4月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月27日、オバマ大統領は正式に対アフガニスタン戦略を発表した。日本では北朝鮮によるミサイル発射のインパクトの方が大きく、オバマ政権が「最優先事項」として掲げ、60日間もじっくりと包括的な戦略見直しをした末に明らかとされたこの新アフガン戦略の意義が、あまり正確に伝わっていないようである。

 しかし言うまでもなく、アメリカの対外政策における北朝鮮問題の優先順位は高くなく、アメリカのメディアのこの問題に対する関心も、アフガンやイラン問題に比べればはるかに低い。

  今回の北朝鮮の行動に対してオバマ政権がどう動くのかに関する日本の関心は高まっているようだが、残念ながら同政権がこの問題で北朝鮮に対して実質的な強硬策をとる可能性は低い。オバマ政権が発表したこの対アフガン戦略、そしてそれと密接にリンクする対イラン戦略を見ていけば、オバマ政権の関心がどこにあるのか、そしてこの政権が安全保障問題にどう取り組んでいくつもりなのかが自ずと見えてくる。

ターゲットは「アルカイダ」に限定

 まずはオバマ大統領自身の言葉に耳を傾けてみよう。

「われわれのアフガニスタンにおける目的とはいったい何だろうか?アメリカ国民の多くがこのような疑問を持っていることだろう。もう何年も経っているというのに、なぜいまだにアメリカ人が戦い続け、あんなところで死ななければならないのだろう、と。アメリカ国民は率直な答えを知る権利がある」

 「だからはっきりさせよう。アルカイダとその同盟者-911テロ攻撃を計画したり支援したテロリスト-がパキスタンとアフガニスタンにいるということだ。複数のインテリジェンス分析が、アルカイダが今もパキスタンの隠れ家でアメリカ本土に対する攻撃を計画していることを警告している」

そして「明確で焦点を絞った戦略目標」として、「パキスタンとアフガニスタンにいるアルカイダを崩壊させ(disrupt)、組織を解体させ(dismantle)、打倒する(defeat)こと、そして将来にわたりいずれの国にもアルカイダが戻ることを防ぐことだ」とし、「これが達成されなければならないゴールである」と明確に述べている。

 前回も指摘したように、オバマ政権は対アフガン戦略においても、非常に限定された控えめな目標を設定している。アフガニスタンの復興でも民主化でもなく、あくまで「アルカイダ」系勢力の打倒に過ぎない。ここでオバマ大統領が「アルカイダ」という言葉を使っている点は重要である。

コメント4件コメント/レビュー

涙が出そうな記事でした。これだから女は…と言わないで下さい。オバマ氏が地道にやっていくしかないんだということをメッセージとされたという部分。地道にやっていくということがどれだけ大変なことか。見直されるべき、というよりそれこそが新しい価値になるのでは。(2009/04/10)

「世界鑑測 菅原出の「安全保障・インサイド」」のバックナンバー

一覧

「北朝鮮ミサイルでオバマ政権は動かない」の著者

菅原 出

菅原 出(すがわら・いずる)

ジャーナリスト/国際政治アナリスト

アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。在蘭日系企業勤務、ジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社役員などを経て、現在、国際政治アナリスト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

涙が出そうな記事でした。これだから女は…と言わないで下さい。オバマ氏が地道にやっていくしかないんだということをメッセージとされたという部分。地道にやっていくということがどれだけ大変なことか。見直されるべき、というよりそれこそが新しい価値になるのでは。(2009/04/10)

一応日本人ですので、北朝鮮の問題については関心を持って関連記事を追っていますが、ちょうど同じタイミングでオバマ氏は欧州歴訪中であり、しかも行く先々で重要演説を連発しているとあって、国際的にはミサイル発射のニュースはかすんでいる感じは否めませんね。それにしても、言葉の選択の巧みさといい、語る内容の革新性といい、この大統領の演説には興味が尽きません。国際関係の激変を予感させます。すでについているコメントの中に、日本も核武装云々という表現が見られますが、日本が北朝鮮と同じレベルで語られることになってもよいというつもりなのでしょうか?オバマ氏が先日プラハで行った演説は全文がホワイトハウスのウェブサイトで閲覧可能ですので、英語ではありますがひとつじっくりと読んでみることをお薦めしたいです。もっとも、たとえ米国が理想を語ろうとも、周りの国の腰が引けていては結局は絵に描いた餅に終わってしまうわけですが、日本人はオバマの神輿を担ぐ心の準備はできているのでしょうかね。個人的には日本が国際的に影響力のある国として生き残る最大にして最後のチャンスと思いますが。逆にこの機会を逃せば、今後は東アジアを代表する存在として他国が取引できる随一の地域大国は中国でほぼ決まりという気がします。(2009/04/07)

テポドンは1発3鳥を狙ったものでしょう。オバマ外交の北朝鮮無視をやめさせて、交渉に着かせるため。日本を脅して、外交的に優位に立つため。きっと日本国内の親北朝鮮の団体が動いているのでしょう。求心力が落ちてきている国内向けの国威発揚策。オバマを脅すためには、ハワイまで飛ばす必要があったのだが、そこまでは飛ばなかったということですね。(2009/04/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授