• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あいつを始末しろ! 海賊版業者が賞金を掛けた「犬」たち

  • 白土 晴一

バックナンバー

2009年4月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アメリカのヴォードビル・コメディアンであったウィル・ロジャーズは、「犬が大好きだ。だって、政治的な理由がいらないから」と言って笑いを取ったことがある。

 しかし、この「人類最良の友」である愛すべき動物は、彼らの意思とは関係なく、人間の政治の不始末とも言うべき戦争や犯罪の現場に駆り出されることもある。その優れた嗅覚故に、人間の尻拭いをしてくれている訳である。

 そう考えると、我々は政治的な理由からも犬を愛してあげるべきなのだろう。もちろん、犬にとっては迷惑な話なのかもしれないが。

 二人の子供の母親であり、南アフリカ警察で女性初の警察犬ハンドラー・麻薬探知犬の訓練士であったトレイシー・ハームスさんは、そうした政治的に厳しい現場で犬と共に働いている人物の一人である。

アフガンで探知犬訓練サービス

 彼女は家族から離れて混乱の続くアフガニスタンに入り、元アメリカ軍関係者が経営するカブールの施設を拠点にしながら、米軍、イギリス軍、新生アフガニスタンの軍や警察、民間セキュリティー会社などのために麻薬・爆発物探知犬サービスを提供する仕事を行っている。

 現地のアフガニスタン人だけではなく、警備会社に雇われたフィリピン人たちにもハンドラーの訓練を施し、南アフリカやアメリカから集められた探知犬30頭ほどの運用を統括し、彼女に訓練を受けた犬たちは実際に各検問所や空港などで活動している。


【Afghan's only female dog trainer】
(「Russia Today」のYouTubeチャンネルより)
南アフリカ初の女性警察犬ハンドラー・訓練士から、単身アフガニスタンに渡って軍用や警察犬を育成するという仕事に転職したのだから、相当に行動力がある人物なのだろう。

 彼女と犬たちは、最近の戦場で増えている「民間セキュリティー会社」の一種と言うことが出来ると思う。爆破テロが多発し、ケシ栽培が増加しているアフガニスタンでは、こういうサービスにはかなりの需要があり、探知犬はどこでも引っ張りだこなのだろう。

 こうした訓練された犬は、微小な匂いを嗅ぎ分けるという能力で、世界中の様々な場所で人間のために働いている。上の映像のような麻薬や爆発物の探知だけではなく、侵入者を見つける軍用犬、犯人の遺留品の匂いによる追跡や地中に埋まった遺体の捜索を専門に行う警察犬、中には、医療スタッフによってガン細胞の匂いを嗅ぐ訓練を受けているガン細胞探知犬なども存在している。

ケータイ探知犬もいる

 しかし、人と同じように犬にも適性の違いがある。どんなに優れた嗅覚をもつ犬であっても、こうした任務に適する犬と適さない犬がいるらしい。優れた才能があるだけではダメなのは人間も犬も同じで、訓練士は個々の犬の才能を見極め、それぞれの犬にあった訓練と任務を与えなければならない。

 アメリカでは収監された犯罪組織の幹部などが、刑務所内に携帯電話を秘かに持ち込み、外部に指示を出すことなどが問題視されているが、これを専門に取り締まるために携帯電話を探知する訓練を施される犬もいるほどである。

 探知犬と一口に言っても、その進むべき道は多様化・細分化されているのだ。


【Falco K9 Academy Cell Phone Detection Dogs. Falco K9】
(「Falco K9 Academy」のYouTubeチャンネルより)
カリフォルニアで警察犬などの訓練を行う

 あまり考えたこともないが、携帯電話には携帯電話固有の匂いがするものなのだろう。やがて、犯罪組織が携帯電話の匂いを偽装する方法や匂い分子を外部に出さない包装を開発するかもしれない。

 アメリカの映画業界団体である「アメリカ映画業協会」(MPAA)は、イギリスで海賊版監視などを行っている業界団体「著作権盗難防止連盟」(FACT)などと共同で、世界中で横行する海賊版DVD・CDを流通段階で摘発するため、犬に海賊版CD・DVDを探知させるという新しいプロジェクトを実施している。

犯罪組織が賞金を掛けた探知犬

 ラッキーとフローと名付けられた二匹のラブラドール・レトリバーは、北アイルランドで爆発物探知犬を育成する訓練士から、DVDなどに使用される熱可塑性プラスチック・ポリカーボネート(PC)の匂いを探知する訓練を受け、世界で最初の海賊版DVD探知犬として、2006年ロンドン・スタンテッド空港を皮切りに、ワシントンD.Cやシンガポール、マレーシア、香港などで海賊版DVD摘発のデモンストレーションを行い、犬の嗅覚が海賊版対策に有効であることを世界中に実証して見せた。

 特に、マレーシアでは2008年3月から半年近くに渡って試験的に配備され、26件の逮捕のきっかけと150万枚以上の海賊版DVDを発見する目覚しい成果を上げ、海賊版を扱う犯罪組織が彼らの首に2万9000ドルの賞金を掛けたという話が伝えられたほどであった。


【Pirate DVD dog sniffers on patrol】
(イギリスITVのYouTubeチャンネルより)

 実際の訓練費用だが、1万7000~2万4000ドル以上と報道機関によって違う数字が出ている。しかし、海賊版に被害に比べれば、微々たる値段ということも出来るだろう。

コメント0

「世界を小窓から ~設定考証マンが覗いた国際社会のあれこれ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官