• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

メジャーリーガーが語る。射殺事件は差別を「変える」か

オークランド、格子の街角【後編】

  • 林 壮一

バックナンバー

2009年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前編「無抵抗の黒人青年を、警官は地下鉄ホームで射殺した」から読む)

 1999年2月5日、ニューヨーク州ブロンクス。午前0時40分頃のことだ。西アフリカのギニアから移住したアマドゥー・ディアロという名の黒人青年が、レイプ犯を追っていた4人の白人警官に職務質問された。ディアロは自宅へ戻るところで、アパートの前に立っていただけであった。

「こいつは、ガンを持っている!」

 そう叫んだ警官の一人が、突然ディアロに向けて発砲。他の警官たちも次々にディアロ目がけて銃を乱射する。合計41発が放たれ、そのうちの19発が命中した。無論、ディアロは絶命する。即死だった。

無罪になった4人の警官

 アマドゥー・ディアロは、オスカー・グラントと同じ22歳であった。

 実際のところ、ディアロは銃など所持していなかった。彼のポケットに入っていたのはアパートの鍵と財布のみである。ろくに調べもせずに若者の命を奪った4人の警官は、11日後に逮捕され〈第2級殺人〉として提訴される。

 1年後の2001年2月1日、12人の陪審員によって、この4人の白人警官に無罪が言い渡された。陪審員は7名の白人男性と1人の白人女性、そして4名の黒人女性で構成されていた。

 判決は勿論のこと、4人が一人に対して41発も銃を連射したことから、人種差別がもたらした事件として大きな論争が沸き起こる。「ニューヨーク・タイムズ」紙と「CBSニュース」が行った世論調査では、50パーセントのニューヨーク市民が同判決を受け入れられないと答えた。正当を唱えたのは30パーセント、結論を出せないと応じた者が20パーセントのデータを数えている。

 また、裁判が行われた場所がディアロの住んでいたブロンクスから、同じ州のアルバニーに移されたことも不可解だった。アルバニーは住民の86パーセントが白人で、黒人は9パーセントしかいない土地だ。そうした場所の住民が、マイノリティーに如何なる視線を送るかは想像し易い。

TIMEの表紙になったディアロ

 ディアロの死から5年弱が過ぎた2004年初頭、ニューヨーク市は遺族に300万ドルの謝罪金を支払うことを通達する。ディアロの遺族は了承したが、遺族に付く弁護士が「少な過ぎる」と900万ドルを要求した。

「ディアロは本当に気の毒だ。でも、多くのブラックは、そんな扱いしか受けないのさ。黒い肌の宿命かもしれないな」

 この連載の第6回7回(「元世界3階級王者アイラン・バークレー、貧しさの中からの言葉」前後編)に登場したアイラン・バークレーは事件後、ブロンクスに住んでいた“隣人”についてそう語ると、深い溜息をついた。

「身の危険を感じた」

 というのが、ディアロに発砲した警官たちの主張である。今年の元旦にオスカー・グラントを射殺した警官も、今後、法廷で同じような言葉を口にするのだろうか。また陪審員たちは、どのようなメンバーが選ばれるのだろうか? グラントの命を奪った27歳の白人警官の行為は、常識ある人間の感受性によって裁かれるのだろうか。

 確証などないが、私にはアマドゥー・ディアロ裁判のような結果が出るような気がしてならない。

黒人メジャーリーガーに聞いてみる

 オークランドを訪ねた2日目、私は久しぶりにアスレティックスのゲームを観戦した。メジャーリーガーにオスカー・グラント殺害事件を尋ねてみようと考えたのである。

画像のクリックで拡大表示

 私がMLB(米大リーグ機構)を取材していた2001年から2005年までのアスレティックスは、アメリカンリーグ西部地区の強豪と呼べたが、今シーズンは最下位に甘んじている。同チームはカネをかけない球団経営が売りだが、それだけに名のある選手はロートルばかりで、柱としてチームを牽引するリーダーが見られない。

 4年ぶりに選手控え室に入った私は、ある事に気付かされる。アスレティックスには、アメリカ国籍の黒人選手があまりいないのだ。かつての盗塁王で、1979年から2003年まで、太く、長く活躍したリッキー・ヘンダーソンがアスレティックスの顔だった時期もあるが、思い起こせばヘンダーソンの他に、黒人の主力選手はほとんど存していない。

 そんななかで、背番号11を付けたラジェル・デイビスという黒人選手が目に留まった。メジャーリーガーとなって3季目の28歳である。

コメント3

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長