• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あまりにも不条理な「身分成り済まし事件」

大学4年間がムダになった瞬間

2009年5月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 天津師範大学の“歴史文化学院旅游管理専業(歴史文化学部観光管理学科)”4年に在籍する女子学生の羅彩霞は、驚愕の事実を前にして呆然となった。何が起こったのか事態がのみ込めず、頭の中が真っ白くなったのだ。

ネットバンキングの手続きをしてみたら

 その日は2009年3月1日、大学卒業を6月に控えた羅彩霞は数名の同級生と一緒に就職説明会に参加したが、空き時間を利用して建設銀行の支店に出向いてネットバンキングの手続きをしようとしたのだった。

 手続きには“居民身分証(身分証明書、以下「身分証」)”が必要なので、身分証を取り出して銀行のコンピューターに身分証番号を打ち込んだ。すると、対応した銀行窓口の係員がぶっきらぼうに、「あんたのデータはおかしいから手続きできないよ」と驚くべき言葉を発したのだ。

私が私じゃない?

 言葉の意味が分からず、「何を言ってるのよ、バカなこと言わないで」と応じた羅彩霞は何度も身分証番号を打ち込んだが結果は同じで、係員は手続き不能を繰り返すばかり。

 そこで、係員にモニターを見せてもらうと、そこには次のような羅彩霞の身分証データが映し出されていた。

 氏名:羅彩霞
 身分証番号:4305211986267546
 発行機関:貴州省貴陽市公安局白雲分局

 そして大きく映し出されたカラーの顔写真には彼女と似ても似つかない他人が写っていた。

 「私は今までにネットバンキングの手続きをした覚えはないのに、どうして私の名前と身分証番号が登録されているの。しかも写真は赤の他人。こんなバカなことがあるはずない」と焦燥に駆られながら写真に目を凝らすと、なんとそこに写っていた人物は故郷湖南省の出身高校“邵東県第一中学(邵東一中)”の同級生の誰かに面影が似ているのだった。

嫌な予感が現実に

 大学の寄宿舎に戻って冷静になった羅彩霞はふとあることに思い至った。それは昨年の7月に彼女が高校教員資格を申請した時のことだったが、資格試験の担当教官の1人が彼女に「既に貴州省で教員資格を申請したことがあるのでは」と質問し、彼女が「ありません」と答えたことだった。

 もしかして、銀行のデータにあった身分証の発行機関が貴州省だったことと何か関係あるのではないのか。彼女は何かが起こりそうな嫌な予感がしてならなかった。

コメント6

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「あまりにも不条理な「身分成り済まし事件」」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長