• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米アップル、iPhoneの既存モデルを半額に

MacBookの新機種も発表し、さらに攻め続ける

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年6月13日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Arik Hesseldahl (BusinessWeek.com記者)
米国時間2009年6月8日更新 「No Steve Jobs, But Cheaper iPhones

 6月8日、米電子機器大手アップル(AAPL)の開発者向け会議「WWDC」が米サンフランシスコで開幕した。同社のスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)は姿を見せなかったが、新機能満載の多機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」とノートパソコン「MacBook(マックブック)」の新機種に加え、間もなく発売予定の最新版OS(基本ソフト)も発表された。

 国際製品マーケティング担当のフィル・シラー上級副社長やiPhoneソフトウエア担当のスコット・フォーストール上級副社長、ソフトウエアエンジニアリング担当のバートランド・サーレイ上級副社長をはじめとするアップル幹部は、ソフトウエア開発者が大半を占める聴衆を前に、2時間にわたり講演。6月19日発売(日本発売は6月26日)のiPhone 3Gの新モデル「iPhone 3G S」を皮切りに、仕様強化や新規発表が予定されている各種製品の大胆な戦略を明らかにした。

 アップルによると、「3G S」の「S」はスピードを表すという。重要な性能強化ポイントとして、通信スピード高速化のため新チップを搭載。最大で毎秒7.2メガビット(メガは100万)でのデータ通信が可能なHSDPA技術を利用し、より高速な第3世代(3G)携帯電話通信を実現する。

 また、新モデルでは動画撮影が可能になるほか、静止画の撮影機能も向上し、16ギガバイト(GB、ギガは10億)版が199ドル(約2万円)、32GB版は299ドル(約2万9000円)で販売される。

 同時に、アップルは既存モデルの8GB版iPhone 3Gの価格を199ドルから99ドル(約1万円)へ引き下げる。

 新モデル投入に伴い、iPhone用OSも改訂される。これにより数多くの新機能が追加され、アプリケーション内でコンテンツの購入と決済ができる機能も加わった。この機能は、特にゲーム開発者に歓迎されるだろうが、それ以外の事業者にとっても有益な機能だ。

 例えば、米電子書籍配信サービス会社スクロールモーションは、教科書など100万冊の書籍に加え、雑誌50誌と新聞170紙の配信を計画していると発表。iPhoneと携帯音楽プレーヤー「iPod touch(アイポッド・タッチ)」で、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「Kindle(キンドル)」に挑むという。

 WWDCの会場では、米国内でiPhoneを独占販売している米通信大手AT&T(T)に対する不満の声も上がった。新OS「iPhone OS 3.0」に搭載される新機能の目玉の1つである画像・動画対応のショートメール機能「マルチメディア・メッセージング・サービス(MMS)」が、AT&Tの対応が遅れ、9月まで利用できないためだ。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長