• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マイケル・ジャクソンの早すぎる死、遺産争奪戦に発展か

ソニーATVの音楽著作権だけでも推計480億円の価値

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年6月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Christopher Palmeri (BusinessWeek誌、ロサンゼルス支局上級記者)
米国時間2009年6月25日更新 「Settling Michael Jackson's Estate May Be a Thriller

 「キング・オブ・ポップ(ポップス界の王様)」がこの世を去り、その遺産を巡って大騒動が起こりそうだ。

 子供時代からスター街道を歩み、生み出した数々のヒット曲は、米アイダホ州ボイシから中東バーレーンまで、世界中の人を魅了。そのマイケル・ジャクソンさんが6月25日、呼吸停止状態で米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の付属病院に緊急搬送され、同病院で50歳の生涯を閉じた(関連記事)。

 マイケルさんは生前たびたび訴訟問題を抱えていたが、亡くなった後もその遺産を巡り、訴訟が相次ぐ公算が大きい。

 マイケルさんのレコード売り上げ枚数は膨大な数に上るが、資産面での生涯最大の“ヒット”作は、ビートルズの楽曲の版権をはじめとする数々の音楽著作権を保有する会社の50%の所有権だ。

 多額の債務を抱えていたマイケルさんは、いつも瀬戸際で債権者たちをかわしてきた。マイケルさんが危機に直面するたびに新たな救済者が現れ、手を差し伸べてきたような印象だ。

 最新の救済者は、米不動産投資会社コロニー・キャピタル(本社:ロサンゼルス)の創業者で資産家のトーマス・バラック氏だ。昨年、バラック氏は米カリフォルニア州サンタバーバラ郊外のマイケルさんの広大な邸宅「ネバーランド」を2200万ドル(約21億円)で購入。当時この豪邸は、マイケルさんの借金返済のため、競売にかけられる寸前だった。

 また、バラック氏は、マイケルさんの芸能活動再開に向け資金援助していた米コロラド州デンバーの大富豪フィリップ・アンシュッツ氏と協力。マイケルさんは、アンシュッツ氏が所有する英ロンドンの多目的ホール「O2アリーナ」で計50回のコンサートを行い、1晩100万ドル(約9500万円)の公演料を受け取る予定だった。初回公演は7月13日に予定されていた。

 総額8500万ドル(約81億円)以上を支払ったコンサートチケット購入者は、コンサート中止により、チケット代の返金を受けられる。マイケルさんがコンサート開催間近のタイミングで死去したため、興行責任者のアンシュッツ氏の会社と、ジャクソンさんの遺産相続者側との間で、コンサート開催のために投じた費用の回収を巡って争いが起きる可能性もある。バラック氏とアンシュッツ氏の興行部門の広報担当者は、この件に関してコメントを拒否した。

重要な資産はソニーATVの音楽版権

 楽曲作りやステージ公演では天才的な才能を発揮したマイケルさんだが、自己の金銭管理ではあまり才能に恵まれなかったようだ。

 一時期は、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ、BAC)から2億7000万ドル(約260億円)以上の借金を抱えていたこともある。2005年、バンカメは、マイケルさんに対する債権を値引きして処分し、米ヘッジファンド大手フォートレス・インベストメント・グループ(FIG)に売却した。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック