• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

バブル予防か景気下支えか、ジレンマに陥る中国金融当局

銀行の過剰融資に歯止めかからず、インフレや不良債権の懸念

  • 経済観察報

バックナンバー

2009年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

全年貸款看高10万億 信貸政策松緊両難

経済観察報記者 程志雲/趙紅梅

6月の銀行貸し出しは、またもや天文学的な増加を記録した――。

 7月8日、中国人民銀行(中国の中央銀行)は慣例を破り、金融機関による6月の人民元建て貸し出し総額をこれまでより前倒しで発表した。その額は前月より1兆5304億元(約21兆4200億円)増加し、今年上半期の総融資残高は7兆4千億元(約103兆6000億円)に達した。

 ほんの3カ月前まで、エコノミストたちは2009年の融資総額を最も高めの予想でも8兆元(約112兆円)と見積もっていた。しかし、現実はそれを大幅に上回り10兆元(約140兆円)の大台を超えそうな勢いだ。

 予想を超える銀行融資の急拡大に、政府の金融政策にも微妙な変化が現われつつある。

 金融当局の関係者によれば、急増する銀行融資はいわゆる“鉄公基(鉄道、道路、インフラ建設)”のプロジェクトに過度に集中しており、大きなリスクを抱えている。ところが、実体経済の活力不足が金融政策の方向転換を難しくしているという。

 「進むのも退くのも難しいジレンマに陥ってしまった」と、この関係者は話す。

銀行の新規貸出総額は10兆元を突破へ

 本紙(経済観察報)の取材によると、6月の銀行融資の状況がその前の数カ月と違うのは、中小の銀行でも貸し出し増加の勢いが加速したことである。

 6月の融資増加額1兆5300億元のうち、四大国有商業銀行の増加額は4967億元と全体の32%を占めた。4行の中では中国銀行と中国農業銀行の融資額の伸びが著しいものの、中国建設銀行と中国工商銀行の伸びは鈍化した。

 こうした状況に、金融当局も対応に動き出した。6月初旬、中国銀行業監督管理委員会(日本の金融庁の銀行監督部門に相当)は窓口指導を実施し、商業銀行に毎月末や四半期末の“駆け込み融資”を厳重に慎むよう求めた。

 6月末には、人民銀行が発行する3カ月物の中央銀行手形の金利が0.97%から1.03%に引き上げられ、市場に金融引き締めムードが拡がった。

 7月の第一週、人民銀行は売りオペを通じて市場から1700億元(約2兆3800億円)を回収し、公開市場操作による1日当たりの資金回収額で今年最高を記録した。

 さらに、人民銀行は7月9日に1000億元(約1兆4000億円)の中央銀行手形を発行し、そのうち500億元が1年物であると発表した。1年物の手形の発行を再開するのは昨年12月以来のことだ。

 予想を超える膨大な融資額の増加と、金融当局の控えめな対応は、市場関係者の間で様々な憶測を呼んだ。その結果、エコノミストたちは2009年の貸出増加額の予測をこぞって大幅に上方修正したのである。

コメント0

「中国発 経済観察報」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者