• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

休暇は仕事を離れ思考に専念

韓国経営者が明かす休暇の過ごし方

  • 毎経エコノミー

バックナンバー

2009年8月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ヘリコプターに乗って2階建てのコテージの屋根に降り立つ。お客の訪問はすべて断る。家族を含め、どんなに親しい知人でもコテージの中に立ち入ることは禁じられている。1日2回、食事だけが運ばれてくる。シンクウィーク(Think Week)の朝は、ベッドの上でマイクロソフト(MS)のエンジニアや生産部門のマネジャーが作成したアイデア報告書を読むことから始まる」

 これはマイクロソフトの元会長であるビル・ゲイツ氏が、外部との接触を一切断ち、思考に専念するためのシンクウィークの過ごし方を描写したものだ。

「シンクウィーク」を通じて様々な決断をしたマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏

 マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は年2回、誰も知らない所に閉じこもって休みを取ることでよく知られている。

 いわゆる「思考週間」。この間、彼は日常業務から離れ、また家族からも離れて、読書をし、深く考え事をしながら時間を過ごす。

 世の中の流れを変えるほどの影響力を持つ彼の決断は、このシンクウィークからきている。マイクロソフトがインターネットブラウザー市場1位の座にあったネットスケープを追い抜き、ゲーム市場への進出を決めたのもシンクウィークでの思考を具体化した結果だった。自身が引退後、慈善事業に専念するという決断もシンクウィークによるものだった。

思考時間を重視する韓国経営者

 韓国でもビル・ゲイツ氏のように、休みの際、日常から離れ、読書をしながら頭の中をリフレッシュさせ、新しい考えを巡らす経営者は多い。

 サムスングループの元会長、李健煕(イ・ゴンヒ)氏はその代表例だ。李氏は会長職にあった当時も、「在宅勤務」で有名だった。表に姿は現さず、深い思考と発想の転換をすることで様々な新しいアイデアを提示してきた。

コメント0

「韓国発 毎経エコノミー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長