• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国は「民主党政権」を歓迎してはいない

「総保守化」時代の2大政党制に向けるさめた目

2009年8月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月22日、中国に一時帰国していた駐日中国大使の崔天凱は、中国国営通信社「新華社」のウェブサイト「新華ネット」で中国国内のネットユーザーと交流した。その際、日本の総選挙に言及し、要旨は以下のようなものだった。

日本の内政に何が起ころうとも

 ―― 日本で間もなく総選挙が行われる。これは日本の内政であり、当然ながら日本人自身が決定することである。

 日本の総選挙については中国でも関心が高く、多くの人々が総選挙後に中日関係が影響を受けることはないかと私に聞いてくる。

 総選挙後に政府の構成が現在と完全に同一でなくなるならば、処理すべき新たな問題が生じる可能性はある。だが、私は基本的には大きな変化があるとは思っていない。

 中日両国は長期的で健全、そして安定した関係をぜひとも発展させねばならない。この点について両国間には共通認識がある。日本の各政党は、内政問題では意見を異にし、時に対立することさえあるが、日中関係の発展という点については一致している。

 当然ながら、我々大使館は選挙の進捗状況を見守り、日本の内政に何が起ころうとも、両国関係の安定した発展が維持できることを希望している。これは我々が当面やるべき重要な任務の1つである――。

「靖国神社参拝」と「東シナ海の資源開発」

 駐日中国大使という立場上、崔天凱の発言は若干オブラートに包まれているが、日本の各政党との接触を通じて、確かな感触を得ているようだ。総選挙の結果、民主党を中心とした政権が成立したとしても、日中関係の安定的発展に憂いはないとの確信がうかがえる。

 現時点における日中間の懸案事項といえば、「首相の靖国神社参拝」と「東シナ海の資源開発」の2点に絞られる。

 膠着状態に陥り、進展が見えない後者は「保留」だが、前者は中国の思惑通りに推移している。安倍晋三、福田康夫、麻生太郎と続いた3代の首相が靖国神社に参拝しておらず、懸念はないのが実情である。

 それでは、総選挙後に首相の靖国神社参拝はどうなるのか。

 8月4日付の「新華社ネット」は、その前日に中国メディアの取材を受けた民主党の岡田克也幹事長の談話を伝えた。表題は「もし日本の民主党が政権を取ったら、首相は靖国神社を絶対に参拝しない」だった。

 岡田幹事長は「衆議院選挙で民主党が勝利を収めて政権を取れば、日中関係はさらに深いものとなる。首相は靖国神社に参拝しないし、政府も中国の内政に干渉しない」と表明。

 続けて、「日中両国間にはいくつかの解決待ちの問題が存在するが、日中関係は全体として良好な状況にあり、重大な改変を行う必要性がない。民主党が政権を取った暁には、先ず中国の指導者と堅固な信頼関係を築くことに注力し、日中両国が戦略的互恵関係を構築する」と述べた、と報じた。

「日中関係」は争点ではなくなった

 さらに、8月10日付の全国紙「国際先駆導報」は同じ時の岡田幹事長の発言を引用して、「日中関係はもはや日本の総選挙の争点ではなくなった」と報じた。

コメント15件コメント/レビュー

この記事は内容が間違っていて、中国の現実を反映していませんね。いろいろな意見を言うのは自由でしょうが、しかし、偏っていない、客観的情報を発信しないと、まずいのではないでしょうか。(2009/09/06)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「中国は「民主党政権」を歓迎してはいない」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事は内容が間違っていて、中国の現実を反映していませんね。いろいろな意見を言うのは自由でしょうが、しかし、偏っていない、客観的情報を発信しないと、まずいのではないでしょうか。(2009/09/06)

北村さんは、中国でのメディアの扱いから、日本をどう見てるか書いているが、ちょっと当たっていないと思う。一年の半分を北京で生活していますが、中国のメディアは人民の注意や興味を、いま何に持たせたらいいかで、記事や取り上げ方が変わる。だから社会や趨勢の流れが、そのまま記事の取り上げ方に反映されない。新聞や書店の発行書籍とその陳列に至るまで、その傾向にある。出版社は国の管理の下で動かされているからだ。人民はその見せつけられるものに誘導される。わたしは北京のある大学に名目上だけ籍を置き調査行動しているが、大学生や先生など知識有る彼らでもそうだ。彼らは、鳩山や民主党のことはけっこう知っているのには驚かされる。日本でのマスコミ報道は、お偉方や組織からの情報からの記事からで、現場、庶民の真の現状を必ずしも伝えていないし、日本人の記者の取材範囲は特定階層に接するのに偏っていて、北京駐在の記者でも、聞いた話だけで、自分で流暢に中国語を話し、民の中からひろってくる事は少なく感じる。取材は当局の監視(尾行等)の下で、当局ににらまれない様にも気遣い、中国人の通訳を介すなど目立つ。そんなので得た情報はほんとうに真実を伝えているのだろうか。(2009/09/02)

わたしは長く一年の半分は北京に住んでいる経験から書きます。中国の漢民族の友人のほとんどは「純粋な漢民族はいない」と言っている。彼らは当然知っている。知ってる知らないそんなのは問題じゃないし、純粋だうんぬんじゃないと感じている。漢民族と言われる中でも、都市戸口と農村戸口での差別は、奴隷を使うような扱い対応をこの目で頻繁に見ているし、安い金でこき使うのをこの目で見ている。言い方もひどい。中国語で頻繁に議論するが、彼らの言う理屈は聞いて耐えられない。建築現場など、だから見えないところでの、うさばらしの手抜きもひどい。それはしかたない。そういう扱いされるんだから。農村戸口の彼らは、都市の小学生のガキが美味そうに食べるハンバーガーを3時間働いてやっと一個買える。民族の歴史を知ったからって理解し合える事でもない。中国では、階級的な差別意識が有って、行使して各自の人心を安定させる傾向が強い。一種のガスぬき効果。他にガス抜きの芽は国家としてあちこちに設ける。日本や日本人に対する護国神社や戦時の侵略に関するのもそうだ。けっして彼らは小学校教科書から、日本軍の侵略の過去は省かないし、どんな小都市にも何らかの抗日記念館はある。他にもガス抜きのネタは尽きない。社会への、共産党への、政府、国家への不満のガス抜きは必須要件となる。わたしは北京の中央民族大学ではいろんな民族の知り合いがいますが、ウイグル族やチベット族の友人は「学生の中でも漢民族以外だけでなく他のある少数民族からは良くは言われていない。」と言うし、実際に他のある少数民族の友人の発言も実際耳にし、複雑な思いになる。両方が友人だから。大きすぎる中国は、差別意識でしか、いまの人心の安定を保てないのでは、と感じるのが実感です。一人一人がすごい不満を社会やその他に持っているのですから。ナショナリズム、中華思想、抗日、中国スポーツ勝利、などガス抜きなしでは、また何らかの優越感を政策的に持たせてあげないと、爆発の危険のある国家だという印象です。(2009/09/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長