• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

次期政権こそ高校を義務教育化せよ

「順位つけて競争」は上位3分の1、ほかは真の「ゆとり教育」を

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2009年8月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 8月30日、総選挙が終わった。

 勝利した民主党は、いよいよ内閣作りに着手する。新首相が9月20日にニューヨークで開催される国連総会に出席することを念頭に置くと、少なくとも9月15日までには組閣、そして臨時国会を召集しておかねばならない。

 民主党は、連立内閣を作ることを考えた方がいい。

 理由の1つは、国会運営を安定させる「数」を確保するため。もう1つは、民主党内の合意形成が難しい分野があるためだ。党内での議論が激しく、互いに意見をつぶしあうために挙党一致の理念と方針が作れず、第三者にゆだねた方がいい大臣ポストがある。

党の結束ができない3分野

 民主党の国会議員、または連立内閣での国会議員では方針の一本化ができない大臣ポストとは、「文部科学大臣」「行政改革大臣」「総務大臣」「防衛大臣」である。

 民主党の鳩山由紀夫代表は、8月17日午後の6党党首討論で、同党が政権を獲得した場合、財務相、外相、官房長官には民間人ではなく、政治家を起用する考えを明らかにしている。ということは、その他の大臣ポストは政治家ではない可能性もあるとも読める。

 そして、2003年の選挙時に旧大蔵省財務官である榊原英資氏を財務大臣にすえたネクストキャビネット(次の内閣)を組んだことがあったが、この発言で、榊原氏の入閣はなくなった。

 ちなみに、民主党が5月19日付で発表した鳩山総理大臣の下での内閣閣僚名簿は、下の表の通りである。民主党が上げ潮に乗ってからの“組閣”であるから、かなり本気と見てよい。

■鳩山『次の内閣』閣僚名簿
  大臣
ネクスト総理大臣 鳩山 由紀夫
ネクスト副総理大臣 小沢 一郎 菅 直人 輿石 東
ネクスト国務大臣 岡田 克也
ネクスト官房長官 直嶋 正行
  大臣 副大臣
ネクスト総務大臣 原口 一博 黄川田 徹 加藤 敏幸
ネクスト外務大臣 鉢呂 吉雄 武正 公一 白 眞勲
ネクスト防衛大臣 直嶋 正行(兼務) 山口 壯 一川 保夫
ネクスト内閣府担当大臣 松井 孝治 泉 健太 藤本 祐司
ネクスト財務大臣 中川 正春 松野 頼久 大塚 耕平
ネクスト金融担当大臣(経済財政担当) 大畠 章宏 下条 みつ 大久保 勉
ネクスト厚生労働大臣 藤村 修 山井 和則 中村 哲治
ネクスト年金担当大臣 長妻 昭 蓮 舫
ネクスト経済産業大臣 増子 輝彦 大島 敦 藤原 正司
ネクスト法務大臣 細川 律夫 加藤 公一 松野 信夫
ネクスト文部科学大臣 小宮山 洋子 牧 義夫 鈴木 寛
ネクスト子ども・男女共同参画担当大臣 神本 美恵子 西村 智奈美 島田 智哉子
ネクスト農林水産大臣 筒井 信隆 笹木 竜三 高橋 千秋
ネクスト国土交通大臣 長浜 博行 後藤 斎 室井 邦彦
ネクスト環境大臣 岡崎 トミ子 伴野 豊 ツルネン
マルテイ
ネクスト官房副長官 長妻 昭(年金担当大臣兼務) 福山 哲郎

 「行政改革大臣」のポスト名がないことに、注目していただきたい。

 また、表中、赤字はいわゆる日本教職員組合(日教組)系の議員である。

コメント46件コメント/レビュー

まず、主題が「高校の義務教育化」ですが、これは正しい言い方なのでしょうか?吉田さんの考えは、「高校を卒業するまでが義務教育」(課程主義)と、「18歳までが義務教育」(年齢主義)のどちらなのでしょうか?「高校を義務教育化する」と言われると、課程主義の方を指すと考えるのが普通ですが、なぜ年齢主義ではいけないのでしょうか?今の義務教育制度は年齢主義を採っています。この年限を3年延長するのであればある程度容易に可能なのですが、課程主義を採用するとなると影響が大きすぎますし、するメリットも思い浮かびません。もしかすると、吉田さんは「義務教育年限を3年間延長する」という意味で、「高校を義務教育化」と言ってしまっているのではないでしょうか?本文中に、「義務教育を12年間にすることで」とあるので、多分吉田さんの頭の中では年齢主義を前提としているのだと思います。であれば、高校の義務教育化という言い方をするのは混乱を起こすだけです。また、本文を読んでも分からなかったのですが、中学や高校における在学年齢はどうするつもりなのでしょうか?現在の公立中学と同じように、成績にかかわらず進級させ、全員18歳で卒業させるつもりなのでしょうか?それとも、一定基準を満たすまで卒業できないようにするつもりでしょうか?個人的には9月1日のコメントで「中学で留年させれば良い」と述べられている方に賛成です。ただ、「せいぜい高学年からではあろうが」については、ドイツのように小学校入学前に入学延期を適用して、入学後の留年を避けるという考え方があることも知っていただきたいと思います。あと、「中卒」という言葉を「高校を卒業していない」という意味に使っているようですが、その意味なら「非高卒」というべきです。(2010/04/05)

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まず、主題が「高校の義務教育化」ですが、これは正しい言い方なのでしょうか?吉田さんの考えは、「高校を卒業するまでが義務教育」(課程主義)と、「18歳までが義務教育」(年齢主義)のどちらなのでしょうか?「高校を義務教育化する」と言われると、課程主義の方を指すと考えるのが普通ですが、なぜ年齢主義ではいけないのでしょうか?今の義務教育制度は年齢主義を採っています。この年限を3年延長するのであればある程度容易に可能なのですが、課程主義を採用するとなると影響が大きすぎますし、するメリットも思い浮かびません。もしかすると、吉田さんは「義務教育年限を3年間延長する」という意味で、「高校を義務教育化」と言ってしまっているのではないでしょうか?本文中に、「義務教育を12年間にすることで」とあるので、多分吉田さんの頭の中では年齢主義を前提としているのだと思います。であれば、高校の義務教育化という言い方をするのは混乱を起こすだけです。また、本文を読んでも分からなかったのですが、中学や高校における在学年齢はどうするつもりなのでしょうか?現在の公立中学と同じように、成績にかかわらず進級させ、全員18歳で卒業させるつもりなのでしょうか?それとも、一定基準を満たすまで卒業できないようにするつもりでしょうか?個人的には9月1日のコメントで「中学で留年させれば良い」と述べられている方に賛成です。ただ、「せいぜい高学年からではあろうが」については、ドイツのように小学校入学前に入学延期を適用して、入学後の留年を避けるという考え方があることも知っていただきたいと思います。あと、「中卒」という言葉を「高校を卒業していない」という意味に使っているようですが、その意味なら「非高卒」というべきです。(2010/04/05)

教育の分野について、何らかの改革が必要という点では、実は分かっている人は分かっているのですが、全然進みません。政府が優先的に取り組んでいくべき課題であることを主張されている吉田さんは正しいのです。先生の数を増やすことのみ主張し、先生の質や教育内容の改革を阻んでいるのは、日教組であるということには、異論がないのではないでしょうか。未だにIT教育もろくにできないことを当然のように放置しているのですよ。民間企業でコンピュータが触れない従業員がそれで許されていると思いますか?(2009/10/15)

> 基礎学力が落ちているにもかかわらず、大学進学率が上がり因果関係が逆です。受験者が減っているのに大学側は定員を変えなかったため、学力の不足した学生が入学するようになったのです。> 教育現場が、権利意識が強く、反戦と平和を訴える日教組の先生ばかりでは、日教組の組合員になる教員の割合が28%になるのも、無理はない。日教組への無根拠なネガティブキャンペーンが多いですね。これなんか、完全に矛盾しています。組合員は三割未満しかいないのに、どうして「日教組の先生ばかり」という表現が出てくるのやら。あなたの考える崩壊した教育現場というのは、妄想の中にしか存在しません。あと、三浦展を引用するのはやめた方がいいですよ。正気を疑われます。(2009/09/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授