• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米フェースブック、不況に乗じて人材集め

狙うのは、シリコンバレーを代表する企業の幹部たち

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年8月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Spencer E. Ante (BusinessWeek誌副編集長)
米国時間2009年8月24日更新 「Facebook Reaps Recruits at High Levels

 「不況時には人員削減」という考えはもう古いかもしれない。

 米SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手フェースブックは、今年末までに従業員を現在の1000人から1200人に増員する計画だ。その一環として、シリコンバレーを代表する複数の企業から技術系幹部や経営幹部を引き抜き、業績改善を図っている。

 新規採用内定者には、エンジニアリング・ディレクターとして近く招聘予定の米インターネットサービス大手ヤフー(YHOO)のアルトゥーロ・ベジャール氏や、米ブログ用ソフトウエア会社シックス・アパートのオープンソース・ソフトウエアの専門家デビッド・リコードン氏が含まれることが、BusinessWeek.comの取材で明らかになった。

 フェースブックによると、ベジャール氏は以前、ヤフーでセキュリティ部門を率いており、リコードン氏は、1つのIDで複数のウェブサイトのサービスを利用できる「オープンID」という認証ソフトウエアを開発した1人だ。

 両者のほかにも、最近フェースブックのCFO(最高財務責任者)に就任した米バイオ医薬品大手ジェネンテックの元CFOデビッド・エバーズマン氏や、エンジニアリング・ディレクターに抜擢された米グーグル(GOOG)の元上級エンジニア、グレッグ・バドロス氏などが新たに採用されている。

 こうした技術者や経営幹部の引き抜きは、フェースブックの増員の意向の表れだ。米情報メディア大手ブルームバーグの8月24日の報道によれば、フェースブックは40~50%の増員を計画している。

 SNS最大手で、IT(情報技術)業界屈指の成長企業でもあるフェースブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)は、ブルームバーグの取材に対し、不況の影響で、優秀な技術者や経営幹部を獲得するチャンスが増えていると語る。「現在、採用を行っている企業はほかにない。不況のおかげで、当社の採用活動にはうってつけの状況が生まれている」。

ロシア企業からの出資で採用が可能に

 ザッカーバーグCEOの発言からは、フェースブックの採用計画に若干の変更があったことがうかがえる。昨秋の金融危機発生後、フェースブックの幹部は、不況を利用して競争力を高める方針を表明していた(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年11月20日「Facebook's Land Grab in the Face of a Downturn」)。だが、金融危機は深刻化。オンライン広告が激減したのに伴い、同社の採用活動も減速したようだ。フェースブックの採用計画に詳しい消息筋によると、昨年11月には、技術者以外の採用を凍結する方向で検討されていたという。

 だが、今年5月下旬にロシアのインターネット関連投資会社デジタル・スカイ・テクノロジーズ(DST)から2億ドル(約190億円)の出資を受けたのを契機に(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2009年6月2日「米フェースブック、事業拡大へ準備万端」)、フェースブックは再び人員増強に乗り出している。

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員