• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ただ今、陸上自衛隊国際活動教育隊に滞在中!

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2009年9月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここは静岡県御殿場市駒門。

 筆者、ただ今、同地にある陸上自衛隊駒門駐屯地にて、若手幹部対象に国際協力活動を教える教育プログラムに参加中である。ある時は講師や聴講生として。また、ある時は取材者として。

国際協力のための教育を専門に行う隊

国際活動教育隊の講義風景 (撮影:筆者)
画像のクリックで拡大表示

 筆者が滞在しているのは、駒門駐屯地内にある中央即応集団(CRF)国際活動教育隊だ。CRFは国際協力が自衛隊の本来任務の1つに加わった2007年3月に発足した。国際平和協力活動や、ゲリラやテロ、災害など不測の事態に即応する防衛大臣直轄の部隊である。

 同時期に、その中央即応集団に所属する国際平和協力活動のための教育を行う専門隊として、国際活動教育隊は発足した。

 紛争地を訪れたり、国際連合平和維持活動(PKO)の取材をしたりするうちに、軍の必要性に目覚めたことが契機で自衛隊に関心を持ち始めた筆者。

 スウェーデン軍で訓練を受けたり、自衛隊内部に人脈を得たりすることで取材の幅も広がり、これまでも、中央即応集団副司令官、幹部候補生学校長をインタビューした。

 ゴラン高原で展開中の国際連合兵力引き離し監視隊(UNDOF)に派遣される高木真一隊長を取材し、記事も著した。今回はいよいよ、若手幹部諸君に交じって自衛隊の訓練の体験である。

初めて受け入れた泊まりがけの取材者

 実は筆者、海外で自衛隊を取材したことはない。なぜなら、自衛隊は筆者よりはるか遅く現地入りするからである。中央即応集団が泊りがけの取材者を受け入れるのは、2007年春に発足してから初めてとのことである。

 教育は、8月17日から始まった。全国から国際協力活動に参加しそうなあらゆる職種の一尉、二尉、三尉26人を集めて、座学によって知識を授けている。教えるのは先輩たちだ。

 教育隊の教官は約80人おり、そのうち実際にネパール(UNMINに軍事監視要員として)やゴラン高原(UNDOF派遣輸送隊として)、イラク、東ティモールなど海外で活動したことがある教官も多い。

 おおまかに、教えられる課目は下記の通りだ。

コメント2

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)