• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

寄付というビジネスモデル、米新聞・雑誌のネット版の生き残る道

シリコンバレーで創業の「カチングル」

2009年9月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国のメディアは収入減から窮地に立たされ、各社は新しいビジネスモデルを必死で模索している(関連記事「メディアのリストラが加速」)。

 前回の本欄は、新聞・雑誌サイトの課金代行サービスを提供するベンチャー企業「ジャーナリズム・オンライン」について扱った(「米新聞・雑誌のネット版、課金に向けて舵を切る」)。

 その一方で、「コンテンツは無料」との認識が定着した現状ではネット上での課金は難しいので、寄付を募る方が効果的だとする見方もある。そして、ネット上での寄付を可能にしようとするベンチャー企業も複数の会社が設立されるに至っている。

 今回は、そうしたベンチャー企業の中から、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で自分はいかなる人物かを明らかにするのが定着した流れを踏まえてシリコンバレーで創業したカチングル社を取り上げる。

カチングルのロゴ

 「カチングル」という名称は、キャッシュレジスターの「カチーン」と鳴る音と「ジングル」を合成して作ったものである。

 創業者のシンシア・ティーパルドスに電話でインタビューを行った。

サイトやブログに、1カ月5ドル以上を支払う

 まず、カチングルの仕組みを説明しよう。

(1)ニュースサイトやブログへの寄付に賛同する人は、カチングルに1カ月に最低5ドル支払って、カチングラーになる。いくら寄付するかは自分で決めることができる。

(2)カチングルに加盟するサイト及びブログで「価値がある」と認めたものは、貼り付けられたカチングルの「メダリオン」という名称のウィジェットをクリックする。メダリオンは、サイト全体に貼り付けられる場合も、セクションごとに貼り付けられる場合もある。

(3)月末に、訪れた日数に応じて寄付金がサイト・ブログに分配される。寄付金のうち80%の額が寄付金として支払われる。残り20%は、決済サービスを提供するペイパルが10%を、カチングルが10%を手数料として受け取る。

(4)カチングラーが希望する場合は、寄付したことが、寄付をしたサイト・ブログと、自らのSNS(フェイスブック、マイスペース、ツイッターなど)に表示される。フェイスブックのアプリケーションも提供する。

コメント1

「茂木崇の「タイムズスクエアに魅せられて」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長