• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タタ、英高級車が頭痛の種

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年9月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インド自動車最大手タタ・モーターズは今年7月、ロンドンのファッショナブルなチェルシー地区にあるギャラリーを借りて、新型「ジャガーXJ」をお披露目した。会場には米人気司会者ジェイ・レノ氏などの有名人が数多く駆けつけた。力強いデザインで新たに登場したこの7万3000ドルのクルマは絶賛されている。1年前、23億ドルで米フォード・モーターから英高級ブランドの「ジャガー」と「ランドローバー」を手に入れたタタは、楽観的見通しを持って当然に思われた。

 しかし、年商640億ドルの巨大財閥タタ・グループとタタ・モーターズを会長として率いるラタン・タタ氏にとって、両ブランドの購入は成功だったとはまだ言えない。4~6月期の両ブランドの販売台数は前年同期比52%減だった。ジャガー・ランドローバー部門は同期間に1日110万ドル失った計算で、これがなければ黒字だったタタ・モーターズを6700万ドルの赤字に追い込んだ。

 しかも、ジャガーとランドローバーの新型モデルの開発に加えて、双方のクルマを欧州の新しい排ガス規制に対応させるべくR&D(研究開発)費に年間10億ドル超を投じなければならない。車体を鉄からアルミニウムに代えて軽量化を図るか、低燃費のハイブリッドエンジンを採用するなどの選択肢はある。タタ氏はムンバイで8月26日、ジャガー・ランドローバー部門の買収は「非常に価値がある」と擁護する発言をしたが、タタ・モーターズのラビ・カント副会長は8月31日、R&D支出はあと5年続くと述べた。

英政府との交渉は決裂

 これら開発に必要な資金の調達がタタ・モーターズの悩みの種になっている。同社は今春、欧州投資銀行から環境対応技術の開発向けに4億8000万ドルの融資承認を受けたが、ジャガー・ランドローバー部門の事業費としてさらに2億9000万ドルが必要だった。だが、融資には英政府の保証が必要で、タタ幹部によると、ピーター・マンデルソン英企業相は保証と引き換えに取締役就任と、ジャガー・ランドローバー部門のデビッド・スミスCEO(最高経営責任者)を解雇する権限を要求したという。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手