• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ラブコール、応じているのは20人

カイゼン、TQM…、インドは日本の専門家を求めている

  • 伊藤 暢人

バックナンバー

2009年10月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インドの首都ニューデリー市街から自動車で1時間ほどのグルガオン地区。ここに本社を構える樹脂成型会社「AGインダストリーズ」は急成長しており、現地でも注目されている部品メーカーだ。

 主な取引先は、世界最大の二輪車メーカーであるヒーロー・ホンダで、今年はボディ用のプラスチック製部品など1000万個を納入する見込みだという。

 1993年に設立し、現在は合計3カ所に工場を展開している。業績は右肩上がりが続いており、今期は前期比66%増の1億ドルの大台に乗せることを目標としている。

日本式のカイゼン活動が事業拡大には必須

 ところが、同社の工場に1歩踏み入れると、内部では人海戦術に頼る部分が多いことに驚かされる。部品を成型機から取り出したり、塗装したりなどの多くの作業を現場のスタッフが担当している。人件費の安いインドでは、当然かもしれない。

手作業でバイクの部品を塗装している。AGインダストリーズのマネサール工場にて
画像のクリックで拡大表示

 同社がいま取り組んでいるのは、生産現場に小集団を組織しTQM(総合的品質経営)を社内に浸透させることだ。工場の片隅に専用の部屋を作り、提案件数や品質向上などのグラフを前面に掲示している。まさに、かつて日本の工場で見た風景だ。

コメント2

「アジアで稼ぐ!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長