• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

頭が痛い、北京のゴミは年8%増加中

埋め立て場は4年後に満杯、焼却場建設には激しい反対運動

2009年10月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国の統計によれば、2007年の全国655都市のゴミ総量は1.25億トンで、毎年8~10%の速度で増大している。

 そのうち、北京市のゴミの年間総量は約730万トン。積み上げれば、“景山”(元・明・清、3王朝の御苑、敷地面積:32.3ヘクタール、明・清王朝の皇居である“故宮”の北に位置し、現在では「景山公園」として知られている)の規模に相当すると言われている。

 景山の敷地面積は32.3ヘクタールで、面積が16.2ヘクタールの日比谷公園の2倍に相当する。これに対して、日本のゴミ総量は年間5000万トンで東京ドーム約136杯分に相当すると言われるが、このうち東京都のゴミ総量は約520万トンである。

 ちなみに、中国の都市住民1人当たりの1日平均のゴミ排出量は1キログラムあまりで、年間平均は440キログラム。全国600都市で既に埋め立て処理されたゴミの総量は80億トンに達しており、これらの都市の3分の2がゴミによって“包囲”されていると言われている。

埋め立て処分が90%

 2009年6月、メディアの取材に応じた“北京市市政市容管理委員会”(“市容”は「都市外観」を指し、都市のインフラ・公衆衛生を管轄する役所)は、北京市のゴミ量は急速に増大しており、このままでは4年後には市内のゴミ埋め立処理場は満杯になると述べた。
その概要は次の通りである。

[1] 北京市のゴミ量は1日平均1万8000トンで年間8%のペースで増大している。2015年には1日平均3万トンで、年間1200万トンに達する見通しである。
   
[2] 現状、北京市には13カ所のゴミ埋め立処理場があるが、このうちの大型埋め立処理場2カ所は既に満杯で閉鎖され、残りの11カ所も4年後には収容能力を超えることが予想される。
   
[3] 早急にゴミ量の削減を図るとともにゴミ処理施設を新規に建設しないと、4年後にはゴミを持って行く場所がなくなることになる。
   
[4] しかし、ゴミ処理施設を新規に建設するには通常5~6年かかるし、建設場所は住民の居住区から500メートル以上離れているなど、一定の環境保護基準を満すことが必要。さらに、地下水資源の保護や気候・風向による影響も考慮せねばならず、北京市内でこうした条件を満たす場所を確保することは極めて困難である。

 一方、2009年8月26日、“北京市市政市容管理委員会”は記者会見でこんなデータを公表した。

 北京市の2008年における年間のゴミ総量は、生活ゴミが672万トン、厨房ゴミ(レストランの厨房から排出される生ゴミ)が60トンの合計732万トンで、その処理方法は、埋め立て90、焼却2、堆肥8の比率になっている。

 東京よりも大きい732万トンもの年間ゴミ総量を抱える北京市がその処理の90%を埋め立てに依存している。そのゴミ埋め立て処理場が4年後には満杯となることは、外来人口を含めて約3200万人と言われる北京市にとって都市の生命線を左右する最重要事項である。

コメント3

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「頭が痛い、北京のゴミは年8%増加中」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長