• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウイグルの母「チベットは先に国際ステージに立った」

世界ウイグル会議議長インタビュー、予想と違ったいくつかの答え

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2009年10月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年7月、G20の会合を途中で中止して胡錦濤総書記が本国に帰ったことは、記憶に新しい。会議を放り出しての帰国は、ウイグルでの騒動を鎮圧するためであった。本格武装した軍の投入を求める声が強い中、胡錦濤は、それをしたのでは国際社会からの批判を受けてしまうと判断し、警察の身なりをした軍人の投入でとどめた。その後、ウイグル人、漢人(漢民族)双方に死刑宣告がなされるなど、事後処理は続いている。

 中国政府が弾圧を加え続けているチベットとウイグルの民族。チベット族には、ダライ・ラマ氏が人々の心のよりどころとなり、インドに在住しながら、中国政府に対話を求めている。ウイグル族は、この人、ラビア・カーディル氏が精神的な柱となって率いている。カーディル氏は世界ウイグル会議議長でもある。

 カーディル氏は、2005年に6年間続いた投獄を突如解かれた。今は米国の首都、ワシントンで夫と子供たちと共に暮らしている。

 その彼女が、自伝「ウイグルの母、ラビア・カーディル自伝」の出版を記念して来日した。カーディル氏が中国国内で受けてきた数々の苦痛と弾圧は、彼女の自伝に詳しい。自身の個人的な家族関係がそのまま、中国政府によるウイグルへの継続的な弾圧の証左として記録されている。503ページにわたる分厚い本だが、筆者は読了してカーディル氏を訪ねた。


ウイグルの母 ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性』ラビア カーディル、アレクサンドラ カヴェーリウス著、 水谷尚子監修、熊河浩翻訳、ランダムハウス講談社、2400円(税別)

 ―― カーディルさん、今日はお目にかかれて嬉しいです。私はウイグル問題に関心があり、実はアブドゥレヒム・オトキュル氏が書いた『英雄たちの涙―目醒めよ、ウイグル』を読んだりしておりました。そこへ、カーディルさんが来日されるというので、参りました。

 カーディル それはありがとうございます。

 ―― 今は、米国でどのような毎日を過ごしていらっしゃいますか。

 カーディル 1949年に中国に占領されてから60年経ちましたが、毎日大学や、教会、自分のオフィス、議会へ行き、ウイグルで何が起きているかを話しています。

東トルキスタンの人間、1人のウイグル人

 ―― ウイグルでの貿易、投資のビジネスはもう止めたのですか?

 カーディル 1997年、(新彊ウイグル自治区の)イリで大きなデモがあり、それがきっかけで私は逮捕され、ビジネスも停止しました。1997年は私の黄金期で、ビジネスも政治的地位もまた、最高位にありました。ですから、私は政府に対してデモをした人たちに正義をもって対応するよう求めました。

 ―― カーディルさんはご自分の国籍はどこだと思っておられますか。

 カーディル 1948年に生まれてからずっと、逮捕されている間も、そして外国で暮らす今も、私は自分を東トルキスタンの人間、1人のウイグル人だと思っています。ほかの国籍だと思ったことはありません。

 ―― 国際的に認められるということではなく、ご自分の気持ちとして東トルキスタンの人だと思っているのですね。

独立ではなく民族自決、自治権を求めている

 カーディル 私はウイグルに生まれました。私のお金は中国領の新疆ウイグル自治区で生まれましたが、いつも、どこにいようとも、私はウイグル人であると思っています。

 ―― 今カーディルさんが米国でしていらっしゃることはウイグルの実情を世界に訴えることですが、カーディルさんが目指しているのは、東トルキスタンの独立ですか?

コメント15件コメント/レビュー

>天然資源の使い方を使うビジネスを育てるとか、外交問題にもっと協力してくれる外国の外交官 という様な文章を書いていることに現れているのではないでしょうか、コメントに多い“何を言いたいのかわからない”とか“思い込み”と書かれているのは。何を言いたいのかわからないという評価は、読むほうの表現としては失礼かと思いますし、これらを見た場合、著者側や編集をされている方の側から見れば、また感情的な反発をしている読者で、こういう人からの反発は相手をしてもしょうがないと感じてしまうかもしれませんが、こと今回に関しては、表現を省略しすぎれば、“何を言いたいのか分からない”になってしまうのではないでしょうか。私も言葉の端々をあげつらいたいのではなく、本当に重要な仕事と思って準備をすれば、この様な言い回しにはならなかったのではないかと思っているということ。同時に、相手に対して誠意を以てあたれば、ラビア氏が直接的な拷問を受けたとは、そもそも仰っていないということも確認済みになるでしょうし、“直接拷問を受けたとは感じられない”というような屋上屋の内容を書く羽目にもならなかったのではないのかとも思います。こういうことが、他の文章に対しての信頼性にもつながってしまうのではないかと思いますが、如何でしょうか。(2009/11/11)

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>天然資源の使い方を使うビジネスを育てるとか、外交問題にもっと協力してくれる外国の外交官 という様な文章を書いていることに現れているのではないでしょうか、コメントに多い“何を言いたいのかわからない”とか“思い込み”と書かれているのは。何を言いたいのかわからないという評価は、読むほうの表現としては失礼かと思いますし、これらを見た場合、著者側や編集をされている方の側から見れば、また感情的な反発をしている読者で、こういう人からの反発は相手をしてもしょうがないと感じてしまうかもしれませんが、こと今回に関しては、表現を省略しすぎれば、“何を言いたいのか分からない”になってしまうのではないでしょうか。私も言葉の端々をあげつらいたいのではなく、本当に重要な仕事と思って準備をすれば、この様な言い回しにはならなかったのではないかと思っているということ。同時に、相手に対して誠意を以てあたれば、ラビア氏が直接的な拷問を受けたとは、そもそも仰っていないということも確認済みになるでしょうし、“直接拷問を受けたとは感じられない”というような屋上屋の内容を書く羽目にもならなかったのではないのかとも思います。こういうことが、他の文章に対しての信頼性にもつながってしまうのではないかと思いますが、如何でしょうか。(2009/11/11)

私の受けた印象もここにあるコメントのほとんどと同じ内容なので繰り返すことはしませんが、あまりにも内容がお粗末すぎるのであえてコメントするという次第です。思いこみも激しいですが、それとともに気になったのはこのような民族問題、非常にセンシティブなことがらに触れているのに著者にまったくその緊張感がないことです。そういう自覚があったのならばCIAやアフガンなどというつまらない質問よりは、彼らの現状、そしてその目指す方向性(自治権?一般論で終わっていますね)についてもう少し突っ込んで聞くはずです。それについて検証するならばまだましですが、ここで感想”として述べていることは居酒屋談義レベルと変わらないと思います。日本にウィグル問題に詳しい人がそれほどいると思われませんからあまり求めてもしょうがないのかもしれませんが、それならそれでもっと謙虚な姿勢で内容を伝えるとことが大事になってくるのだと思います。(2009/10/30)

こんにちは。在日中国人です。因みに、漢族です。記事を読ませて頂きました。予想通りの内容なので、全然意外と感じませんでした。何故ならば、同じ口調(中国と対立)の報道は多いからです、むしろほとんどそうだと思います。この記事も読者が事実を判断できないほど、主観的なものが多すぎていると感じます。どちらの立場で書くのは筆者の自由ですから、コメントしませんが、ウイグル問題についての自分の考えをいくつ述べたいと思います。私は沿海地方出身です、大学の友達にはウイグルで先生をやっている人が3人います。男性二人女性一人で、いずれも漢族です。比較的に発達している沿海地方の生活を選ばず、故郷を離れてウイグルに行く理由はただ一つ、ウイグル地方の発展に力を貢献したいという思いです。ということは、カーディルさんが主張している漢族より少数民族が圧迫されていることは自分の政治野望の為に作った話だとしか思いません。私が言いたいのは、政治はウイグルを救えません、本当にウイグルのためなら、本当にウイグルを発展したいなら、国家分裂の道を諦めるしかないと思います。独立するではない、自治権が欲しいだけだと主張していますが、具体的な案も出せずに自治権を与えるのは無理では。そして、言わざるを得ないのは、記事の中にカーディルさんがデモを参加した11人の若者が政府に殺されるといいましたが、それは犯罪者ではないか。デモを参加しただけで死刑にされるなら、なぜカーディルさんが生きているのでしょうか。これらの死刑犯は普通に歩いている一般人を無差別で殴打し、殺したから、処刑されるのです。同じ事象でも違う立場の人の口から言うと、完全に違うことになるのですね。私は誰の話も容易に信じません、自分で判断します。(2009/10/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長