• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「高く飛ぶ」と誓った少年は、また逃げるのか

Opportunity Schoolで教えてみる【その6】

  • 林 壮一

バックナンバー

2009年11月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 テイラー・ハーパーとようやく再会できたのは10月28日だった。

教育コーディネイターとハーパー

 私がOpportunity Schoolに出向くと、彼女は教育コーディネイターの来客と打ち合わせ中だった。いつも溌剌としているハーパーの顔に疲労の色が滲んでいる。

「今、Opportunity Schoolとは別に14歳の女の子の面倒も見ていて、サポート案を話し合っているところなの。この子は、避妊なしのセックスに溺れている。どうやら、妊娠したみたい・・・。相手の男の子は15歳で不特定多数の女性と肉体関係を結んでいる。一言で語るなら、遊んでいるだけ」

 親になることの意味が分からない若者たちの間で、新しい生命が宿っていく。こうしたケースは枚挙に暇が無いが、カトリック教徒は基本的に堕胎を認めない。また他の信仰でも、授かった尊い生命を人間の手で消してしまうことなど許されない、と主張する声も多い。バラク・オバマに政権を譲り渡した共和党も、人工中絶に対して異を唱えている。

「まだ100パーセント妊娠したと決まった訳じゃないけれど、14歳で母親になってやっていける筈ないわ」

 私との会話の最中にも、ハーパーの携帯電話はひっきりなしに鳴った。

「こんな少女が子供を宿したら、生まれてくる子供だって辛い思いをする。どうしたらいいのかしら・・・。このところ、頭が痛いのよ」

 そこまで話すとテーラーは、右手に持っていたボールペンで自身の頭を何度か突いた。

新たな問題児を待つOpportunity Schoolの教室

「昨日は昨日で地域の校長先生たちとのミーティングがあって、予定より2時間もオーバーしてしまった。来週から、またここに新しい生徒が来ることになったから、あなたも時間がある折に手伝ってね」
「今度は、どんなタイプの子?」

 聞けば、崩壊家庭ではなく両親の下で暮らしているという。だが、深刻ないじめにあっており、集団行動が取れないとテーラーは説明した。

再び沈み始めた少年

「でも、新しい生徒が入って来るのは楽しみよね。生き生きした子に、してあげたいわ」

 ハーベスト・コーガンが自分の席から我々に声を掛けてきた。

 この日、私がOpportunity Schoolを訪ねたのは、例の少年の近況について報告を受け、今後について打ち合わせるためだった。

整理整頓された状態で児童を迎える。

「で、彼は今どうしてるの?」

 ハーパーは一瞬俯き、首を振った。

「ダメみたい」
「ダメ?」
「そうなの。教師の言葉を聞かずに授業中に漫画を描いてばかりだって。ワルと呼ばれるグループと付き合っては、自殺の話ばかりしているらしいわ」

コメント4

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック