• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米オバマ政権のスマートグリッド戦略

最初の助成金受給者が決定し、事業開始に向け始動

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年11月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

John Carey (BusinessWeek誌、ワシントン支局上級記者)
米国時間2009年10月27日更新 「Obama's Smart-Grid Game Plan

 インターネットや米SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手フェースブック、米ミニブログ大手ツイッターが登場するはるか以前、米通信大手AT&Tが独占していた時代の通信業界を思い起こしてみてほしい。米国の送電網の現状は、そんな当時の通信業界さながらの遅れた状況だ。

 米国の多くの地域では、送電システムがあまりに時代遅れのため、検針員はいまだに各戸を回って電力メーターを確認せねばならず、電力会社は顧客から苦情が来るまで停電に気がつかないありさまだ。

 そこで今、次世代送電網「スマートグリッド」構築を推進する動きが強まっている(BusinessWeekチャンネルの記事を参照:2009年10月14日「スマートグリッドがもたらすエネルギー革命」)。スマートグリッド技術が導入されれば、電力メーターが通信機能を持ち、家電製品の電力消費量が制御できるようになるほか、電力会社が電力需要のピーク時に備えて確保している現在の高コストな発電所の代わりに、蓄電池から必要とされる電力を迅速に供給できるようになる。

 スマートグリッド推進派の急先鋒が、米政府だ。10月27日、米オバマ政権は景気対策法の一環として、スマートグリッド関連の計100事業に対し、総額34億ドル(約3100億円)の助成金を交付すると発表した(関連資料)。

 米電力・ガス大手センターポイント・エナジー(CNP、本社:ヒューストン)は、送電システムの対応能力と信頼性を高めるため、インテリジェント機能を持つ「スマートメーター」220万台とセンサー装置数百台を設置する6億3900万ドル(約580億円)の事業に対し、2億ドル(約180億円)の助成金を獲得した。

 米オハイオ州ウォズワース市も、スマートメーターを1万2500台増設し、電気自動車充電用の送電網を整備するスマートグリッド事業に対し、540万ドル(約5億円)の助成金を獲得した。

 「エネルギーシステム全体の転換に向けた素晴らしい第一歩だ」と米政府のスマートグリッド支援策を評価するのは、米民間環境保護団体「環境防衛基金(EDF)」のエネルギー問題対策部門を率いるマーク・ブラウンスタイン氏だ。EDFは多くの環境保護団体同様、米国のエネルギー利用の効率化と再生可能エネルギーの利用促進には、スマートグリッド整備が欠かせないと見ている。

 助成対象事業のうち大半は、現在の電力メーターに替えて、地域の電力会社と直接交信できるようにするスマートメーターを設置するというものだ。ところで、スマートメーターはどのような恩恵をもたらすのだろうか。

 バラク・オバマ米大統領は、米フロリダ州アルカディアの太陽光発電施設に助成金交付を決定した際、次のように説明している。「スマートメーターを使えば、家庭の電力消費量を月ごと、週ごと、日ごと、さらには時間ごとに、リアルタイムで把握できる。つまり、ほかの技術と組み合わせて、電力消費量と電気代を同時に管理し、電気料金が高い時間帯に節電することも可能になる」。

 スマートメーターの試験導入プロジェクトでは、顧客は電力需要のピーク時に、地元電力会社が十分な電力供給量を確保できるようにするため、エアコンや衣類乾燥機などの使用を一時的に減らすことに合意。その見返りとして顧客は、電気代が15%以上も割引となった(BusinessWeek.comの記事を参照:2008年1月11日「A Smarter Electrical Grid」)。

電気自動車の充電で収入が得られる?

 スマートメーターの導入は、スマートグリッド整備計画のスタート地点に過ぎないと多くの専門家は指摘する。だが、今後計画がどのように発展するかは予断を許さない。1900年の時点では、電気技術の発展によるテレビやMRI(磁気共鳴画像装置)、コンピューターの誕生はおろか、電気アイロンの登場さえ予測できなかった。それと同様に、「今後30年間でどのような成果が実現するか、想像がつかない」と、米電力大手デューク・エナジー(DUK)のジェームズ・E・ロジャーズCEO(最高経営責任者)は語る。

 1つ期待されるのは、将来、広く普及した電気自動車が送電網から電力供給を受けるだけでなく、重要な電力供給源にもなる可能性がある点だ。現状では、電力会社は電力需要量の急激な増加に備えて、瞬時に電力供給を増やせるように常に発電タービンを回しておく必要がある。この「瞬動予備力」の確保には多額の費用がかかる。

 だが、何百万台もの電気自動車がバッテリー充電のために送電網に接続されていたらどうか。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長