• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の電機が韓国勢に完敗した理由

サムスン電子元役員が語る“立ち食いそば式”開発の強さ

2009年11月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界市場で、半導体、液晶テレビ、携帯電話などのシェアが低迷し、業績の悪化に苦しむ日本の電機メーカー。ソニー、パナソニック、日立製作所、東芝などにかつての輝きは見えない。対照的に好調が際立つのは韓国のサムスン電子やLG電子だ。今年7~9月期の営業利益は、サムスン電子1社で、日本の電機大手9社の合計の2倍以上に達している。

 なぜ日本の電機メーカーは没落し、韓国勢は世界で躍進しているのか。韓国サムスン電子の元常務で、9月下旬に『危機の経営~サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーション』(講談社、畑村洋太郎氏との共著)を上梓した吉川良三氏が語った。

(聞き手は山崎良兵=日経ビジネス記者)

吉川良三(よしかわ・りょうぞう)氏
1940年生まれ。64年日立製作所に入社後、ソフトウエア開発を担当し、CAD/CAMに関する論文を多数発表した。日本鋼管(現JFEホールディングス)を経て、94年に韓国サムスン電子に入社。常務としてデジタル技術を活用した設計・開発の業務革新を担当した。帰国後、2004年より東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員として、日本と海外の製造業を比較研究している。

 ── 世界的な景気低迷を受けて、日本の電機メーカーは軒並み業績が低迷しています。対照的に韓国勢は絶好調です。日本と韓国の両方の電機メーカーに詳しい吉川さんは、現状をどう分析していますか。

 吉川 「危機感はあるが、危機意識がない」。日本の様々な電機大手の役員クラスの方々と話す機会が多いのですが、いつもそう感じています。

 世界的な不況で日本の電機メーカーはみんな苦しい。状況が厳しいことは分かっているが、意識とやり方を変えずに、じっと景気が良くなるのを待っている。それでは、復活できるわけがありません。

 韓国勢はわずか1年足らずで業績が復活して、今は世界で攻勢に出ている。日本メーカーとの違いはどこにあるのか。

このままでは日本の電機は5年も持たない

 吉川 一番の違いは「モノ作り」に対する姿勢だと思っています。韓国勢はモノ作りが製造業ではなく、お客様に対して特定の付加価値を生み出す作業だと考えている。付加価値を商品という形にして、どうやってお客様に届けていくのかという一連のプロセスで差があります。

 日本メーカーはこれまでのモノ作りのあり方を根本から見直す必要がある。「危機感があるが、危機意識がない」と言ったのは、意識ややり方まで大きく変える改革に踏み込んでいる企業がほとんどないからです。このままでは5年も経たないうちに、日本の電機は本当にダメになってしまう。存亡の危機は目の前に迫っています。

 モノ作りを変えることに対して、日本には抵抗勢力が多い。「日本の製造業は世界のトップレベルにある」。そんな思い込みを捨てられずに、本気で学ぼうとしていない。今までの人材育成、組織、IT(情報技術)の使い方を、変革しようとしていません。

 ── 日本の電機がモノ作りを抜本的に変革するには、具体的に何をどうすればいいのでしょうか。

コメント37件コメント/レビュー

日本人の気質が、影響しています。スポーツなのでこのことは明らかです。かって甲子園で強打者が4連続敬遠されたとき、相手チームは、ルール違反したわけでもないのに大変な非難を受けました。この相手チームの作戦を見事だと称える文化が日本にはないのです。また、フイギュアスケートでも、より難易度の高い技に挑戦し続けて、手堅いプログラム構成を良しとしない雰囲気があります。昔から、勝てばよいということが、きつく戒められてきた文化が日本にはあるのです。(2009/11/17)

「アジアで稼ぐ!」のバックナンバー

一覧

「日本の電機が韓国勢に完敗した理由」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部などを経て、2017年1月から日経ビジネス副編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人の気質が、影響しています。スポーツなのでこのことは明らかです。かって甲子園で強打者が4連続敬遠されたとき、相手チームは、ルール違反したわけでもないのに大変な非難を受けました。この相手チームの作戦を見事だと称える文化が日本にはないのです。また、フイギュアスケートでも、より難易度の高い技に挑戦し続けて、手堅いプログラム構成を良しとしない雰囲気があります。昔から、勝てばよいということが、きつく戒められてきた文化が日本にはあるのです。(2009/11/17)

SAMSUNGですが、SHARPや村田製作所から特許侵害で提訴されています。お得意の「クロスライセンス」をあっさり蹴られたため「腹立ち紛れ」に提訴はしてみたものの、SHARPから強烈な反撃を喰らってしまったようなものでしょうが、村田製作所の提訴は、セラミックコンデンサの製造技術に関連する内容であるため、このまま審理が進めばSAMSUNGは米国に於いてセラミックコンデンサを利用した電気機器を販売できなくなります。東芝、太陽誘電、TDKもSAMSUNGに対する提訴の準備を進めているらしいですし、相当額の賠償金と共にSAMSUNGは米国から締め出される可能性があります。同じ韓国企業でも、LG等はきちんとロイヤリティーを支払っているため、今回のような提訴の対象にはなっていない模様です。(2009/11/17)

>>日常のこまごまとした物はほとんどが中国製でしょうか。で、お言葉の如く、2,3ヶ月で壊れる物もあります。中国国内で出回っているメイドインチャイナは、正真正銘“悪かろう安かろう”です。懐中電灯2個購入、ひとつは初めから、もうひとつは一月後に壊れました。爪切りは開きが小さく爪が挟めません。リモコンは一月持ちませんでした。どうしようもなく皆捨てました。確かに安い物です。でも、安くても原料、材料は同じです。“いいものを長く、もったいないから”が日本人の信条だったのでは。資源のとを考えたら、この信条はこれからの世界に、次の世代のために不可欠ではないのですか。最後の方の言葉がとても気になりました。>>もちろん、少なくとも倫理的には、そのとおりだと思います。ただ企業はチャリティではなく利益を生まなければやっていけません。私の疑問は、日本の電気メーカーが、そうやって作った頑丈なものを、余計にコストがかかる分だけ、プレミアムを乗せた価格で販売できているかどうか、というものです。これには周到なマーケティングとPRが必要ですが、それでもプレミアムをつけられない場合、結局それがグローバル消費者の現実だということではないでしょうか。もちろん、壊れない、つぶれないが重要で、日本企業が活躍できる分野はあります(重い、インフラ、セキュリティ、などすこしのエラーが重大な損害になるような領域)が、AV機器のような民生用電子は、それにはあたらないかもしれません。(2009/11/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長