• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

弱者たちを支え続けている人々こそ、米国の強さだ

Opportunity Schoolで教えてみる【その7】

  • 林 壮一

バックナンバー

2009年11月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 テイラー・ハーパーの上司であるジャフ・フリーマンから「是非、会ってほしい人物がいる」という連絡を受けたのは、10月末だった。

 紹介された45歳の黒人男性――レスリー・ウィリアムズは、大柄な男だった。それもその筈、プロを目指してNFLの下部組織、DUPAGE EAGLESでプレーしていた元フットボーラーなのだ。

レスリー・ウィリアムズ

「およそ10カ月前から、リノで暮らし始めました」

 挨拶の後、そう話したウィリアムズは牧師であった。フロリダ州で14年間、キリストの教えを説いていたが、神が「リノに行って活動しなさい」と告げたため、誰一人知り合いのいない街に移り住んだそうだ。

 新地でリサイクルビジネスを手掛け、3カ月前に自身の教会をオープンした。教会での仕事の傍ら、ユースセンターを設けて非行少年を更生させたいと語った。

「具体的にはミーティングのできる部屋、バスケットボールコート、そしてボクシングジムを設置して、問題児たちに規律を学ばせようと考えています。スポーツのほかには、山登りやキャンプなどにも行って、人生の楽しみを覚えさせながら人間性を高めていきたい、と」
「素晴らしいですね。ジョージ・フォアマンのようじゃないですか!」

 私は素直な感情を述べた。彼は私の言葉を受けると言った。

「あなたのことを耳にし、是非スタッフになって頂けないかと思いまして」
「私は非常に出張が多い身です。働ける時間が限られていますが、それでもいいのなら、喜んで」

「ギャングメンバー」に、ボクシングを

 ウィリアムズはリサイクルショップの倉庫をジムに改造するので、週に1度で構わないから、コーチとして若者にボクシングを教えてやってほしい、と話した。現在、10歳から19歳まで9名のギャングメンバーを預かっており、彼らには逮捕歴があると付け加えた。そして、そのうちの一人はボクシングを齧っており、人生をやり直すためにプロを目指すつもりらしいと説明した。

「ジムを造るとなると、かなりの費用が掛かるでしょう。リノ市内にはメキシカンのプロ選手が汗を流すジムがあり、そちらのオーナーは私の友人です。土、日はオフですから、間借りするような形でスタートするのがいいのではないでしょうか? 

プロを目指す気持ちがある子なら、週に1度では物足らないでしょうし、毎日必死で努力しなければモノになりません。その子は直にでもジムに入会して、みっちりトレーニングを積ませるべきです。ボクシングを通じて社会のルールを学ばせるというのが目的の若者になら、週に1度でも何とかなるかもしれませんが」
「そのジムのオーナーを紹介して頂けますか?」
「今、電話してみましょう」

 私は彼の目の前で、携帯電話のボタンを押した。が、残念ながら友人のジムオーナーは不在だった。

「近々、必ず捕まえます。アポイントメントを入れたら、一緒に会いに行きましょう」
「よろしくお願いします」

 会話を続けながら、私はウィリアムズに興味を覚えた。物腰が柔らかく、誠実な印象を受ける。彼の発する英語は非常に美しく、知性を感じさせる。この日は短い会話で別れたが、後日、彼とじっくり話す機会を持った。

 11月3日、私はリノの隣町、スパークスにあるウィリアムズの教会を訪ねた。ウィリアムズのオフィスで向かい合って座り、彼の足跡を語ってもらう。

コメント5

「ルポ:“弱者”として生きるアメリカ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長