• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ベルリンの壁崩壊から20年、旧東独の今

活気あふれるイエナやベルリン、過疎化や高失業率にあえぐ地方

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年11月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Moira Herbst (BusinessWeek誌記者)
米国時間2009年11月5日更新 「East Germany 20 Years After Reunification

 ベルリンの壁が崩壊した20年前、旧東独地域では、社会・経済体制の再構築が不可欠とされた。東西ドイツ統一後の5年間で、約1万4000社に上る旧東独の企業が閉鎖または民営化され、約400万人が職を失った。

 それから20年、旧東独が抱える経済やビジネス環境の現状は複雑だ。首都ベルリンやドレスデン、ライプチヒなどの都市部では起業家精神が根づき、新興テクノロジー企業や小規模ベンチャー企業が次々と誕生している。

 活気に満ちた学園都市イエナは、不況下でも安定した雇用水準を維持している。その反面、大都市以外の多くの地域が過疎化や高失業率にあえいでいる。

旧西独地域との経済格差は縮小

 旧東独地域全体としては、この20年間で大幅な発展を遂げた。

 独政府の調査によると、旧東独の1人当たりGNP(国民総生産)は、2000年には旧西独の67%相当だったのが、2008年には71%相当まで増加。また、独Ifo経済研究所(本部:ミュンヘン)のリポートによれば、1991年には旧西独の60%相当だった可処分所得も、2007年には78.6%相当にまで増加している。

 失業率についても、旧東独地域は現在12.3%と、旧西独地域の6.9%に比べると依然極めて高い水準にあるが、2003年の最悪期に記録した20%からは大幅に改善した。

 実際、独IW経済研究所(本部:ケルン)が11月3日に発表した研究分析では、旧東独各州は、あと10年もすれば旧西独の経済発展が遅れている州と肩を並べるまでの経済成長を遂げ、旧西独でも特に後進州とされるニーダーザクセン州とシュレースビッヒ・ホルシュタイン州に追いつくのは時間の問題と予想されている。

 例えば、旧東独のチューリンゲン州はこの20年間、年平均10%の製造業成長率を達成。首都ベルリンを取り囲むブランデンブルク州も、同じく年平均8%の成長を遂げてきた。

 また、独政府が6月に発表した調査リポートによると、旧東独各州は、旧西独よりも「(経済)危機に対する抵抗力が強い」という。旧東独地域には中小企業が多く、不況下でもより柔軟な対応が可能であるうえ、旧西独の企業に比べ輸出依存度がはるかに低いためだ。

新興テクノロジー企業の一大拠点、イエナ

 旧東独地域でも有数の経済発展を遂げた都市の1つが、イノベーションと起業家活動の中心地へと発展を遂げたチューリンゲン州の学園都市イエナだ。

 イエナは、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテやフリードリッヒ・シラーなどのドイツの文豪がかつて暮らした都市で、市内中心部の古い街並みは整然としていて、保存状態もよい。

 13世紀建造の旧市庁舎と16世紀建造のゴシック様式の教会がある周辺には、中世に作られた市場広場や趣のある狭い路地、植物園などがあり、夜になると、市内のフランス料理店やアイリッシュパブ、ドイツ料理レストランは、学生や大学の教職員、若手ビジネスマンで賑わう。

コメント0

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師