• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ユリ・ゲラー2世」まで売り込む

対日ビジネスの仕掛け人、ヤコブ・ファス氏

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2009年11月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イスラエルの投資コンサルティング会社デカゴンのヤコブ・ファスCEO(最高経営責任者)は1990年から3年間、駐日イスラエル大使館で経済公使として働き、その後も長くイスラエルと日本の企業間のかけ橋として活躍してきた。

 現在もイスラエルでのイスラエル・日本商工会議所の副会長を務める。現在はイスラエルの50社を超える企業と契約し、日本市場への進出を後方支援している。

日本で超能力ブーム再び? ユリ・ゲラー2世が日本上陸

デカゴンのヤコブ・ファスCEO
画像のクリックで拡大表示

 デカゴンのファス氏は「私は50社以上の企業と契約し、日本進出の手助けをしている。企業ではないが、リオールは11月中に来日し、日本のテレビ局にも出演する方向だ。日本でも話題になるはず」と言う。

 リオール・スーシャル氏。27歳。彼はイスラエルだけでなく、欧州でも有名人だ。2006年、イスラエルのテレビ局のテレビ番組で、ユリ・ゲラー2世に選ばれた「超能力者」。この番組はイスラエルで視聴率が40%を超えた。それで欧州のマスコミも動き、テレビでも何度も取り上げられた。

 ユリ・ゲラー氏と言えば、日本でも1970年代半ばに何度も来日し、超能力ブームを起こした。そのスプーンを曲げたり、止まっていた時計を動かしたりして、日本人の多くを驚かせた。

ユリ・ゲラー氏(右)と、後継者とされるリオール・スーシャル氏
画像のクリックで拡大表示

 ユリ・ゲラー氏はイスラエル・テルアビブ生まれのユダヤ人であり、現在は第一線を退き、英国に在住している。スーシャル氏は最近、ユリ・ゲラー氏とも会い、「マスコミに何を書かれても気にしないように」と助言を受けたという。

11月中に来日、テレビ出演も

 スーシャル氏は欧米のテレビ局や米ラスベガスでのショーなどへの出演で世界を飛び回っている。また、フィンランドのノキアなどグローバル企業のイベントへの出演も多い。今月末までには来日し、日本のテレビ局に出演する、という。

 スーシャル氏は様々な超能力を披露してくれた。

コメント0

「イスラエル 成長の啓示」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト