• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スバル、米国販売が絶好調

落ち込むライバルを尻目に快進撃のワケ

  • BusinessWeek

バックナンバー

2009年11月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Ian Rowley (BusinessWeek誌、東京支局特派員)
米国時間2009年11月11日更新 「Subaru: Japan's Hottest Car Company

 富士重工業の自動車部門「スバル」は、長い年月をかけて、独自路線を歩む自動車メーカーのイメージを築き上げてきた。日本の自動車大手の生産するクルマが高い信頼性を誇る反面、時として面白みに欠ける一方で、スバルはボクサー(水平対向)ターボエンジン搭載のスポーティーな4輪駆動(All Wheel Drive=AWD)車とSUV(多目的スポーツ車)の製造に特化してきた。

 ところが今年、ほかの自動車メーカーと比べてスバルが抜きん出ているのは、別の理由からだ。多くのライバルと異なり、米国での販売が好調なのだ。スバルの米国での1~10月累計販売台数は、前年同月比13%増の17万6590台。米国市場の1~10月の新車販売が全体で前年同期比25%減となる中、これは目をみはる業績だ。

 また、1~10月の米国販売台数が2万台以上の自動車メーカーの中で、販売伸び率でスバルを上回っているのは、ウォン安の恩恵を受けている韓国の自動車大手、現代自動車(ヒュンダイ)とその傘下の起亜自動車(キア)のみだ(BusinessWeek.comの記事を参照:2009年2月2日「Kia Is Ready to Score During Recession」)。

 富士重工の森郁夫社長は11月2日の記者会見で、「このような劇的な業績回復には誰もが驚かれたかもしれないが」と述べたうえで、「当社にはいいクルマがある」と胸を張った。

 スバルの快進撃は当面続きそうだ。スバルは通期(2010年3月期)の世界販売台数見通しを、従来予想から3万7600台増の54万5500台に上方修正。米国での販売台数は、過去最高となる21万6400台を見込んでいる。

 日本の輸出産業の例に漏れず、スバルも依然として円高に悩まされてはいる。だが、少なくとも2010年3月期通期の営業利益は、わずかながらも黒字の見込みとなった。従来予想では、350億円の赤字としていた。

新型車を次々に投入

 ここで、スバルの業績が好調な理由を探ってみよう。

 まず、車種をほぼ一新したことが挙げられる。スバルは今年、セダン「レガシィ(日本名:レガシィB4)」とSUV「アウトバック(日本名:レガシィアウトバック)」の新モデルを発売。昨年は新型SUV「フォレスター」を、そして2007年には小型車「インプレッサ」の新モデルを投入している。

 また、米国市場シェア約2%と、ニッチ市場で戦ってきたスバルにとって、使い勝手の良い中型のレガシィやクロスオーバーSUVが、従来顧客の強い支持を集めていることもプラスに働いたようだ。

 米調査・コンサルティング会社IHSグローバルインサイト日本支社の上級市場アナリスト、クロカワミツル氏は、「便利で実用的なクルマを求める消費者が急増している。スバルが生産しているのはまさにそんなクルマ」と語る。

コメント3

「Bloomberg Businessweek」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)