• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

移民を増やせば輸出も増える

福祉大国スウェーデンの真実(2)活力の源

2009年12月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年4月、スウェーデンで新たなプロジェクトが立ち上がった。その名も「Kosmopolit(国際人)」。「移民が増えれば貿易も増える」との研究成果を理論的背景に、移民が持つ祖国の知識やネットワークを生かして、貿易振興に役立てようというプロジェクトだ。

 移民受け入れのメリットは、これまでは労働力不足を補うという人口問題的な観点から語られるのが常だった。だが、もはや移民なくして経済を維持できなくなったこの国では、新たな視点からも移民が持つメリットを生かそうと動き始めている。

 移民が1人増えれば、輸出は年間60万スウェーデンクローナ(約800万円)増える――。スウェーデンで、こんな研究結果かちょっとした話題を呼んでいる。

スウェーデン外務省で貿易相のアドバイザーを務めるアンドレアス・ハティジョージョ氏。貿易拡大に移民を役立てるプロジェクト「Kosmopolit」を指揮する
画像のクリックで拡大表示

 研究結果をまとめたのは、外務省で貿易相のアドバイザーを務める、アンドレアス・ハティジョージョ氏。約2年前、米国の大学と世界銀行で貿易コストの観点から、情報不足など見えない貿易の障害を研究していた時、移民受け入れが貿易にもたらす効果に着目したという。

 「移民受け入れによる経済効果は、これまでは労働力不足や生産性の観点からしか議論されてこなかった。しかし、今回の研究で新たに貿易振興にも寄与していることが分かり、労働市場の問題に限らず、移民の幅広い経済効果を改めて確認することができた」とハティジョージョ氏は話す。

移民が持つ祖国の知識や人脈が輸出を後押し

 スウェーデンは過去5年間で人口が24万人以上増加したが、そのうち77%が移民だった。研究では、移民を1万2000人受け入れれば、輸出を70億スウェーデンクローナ(約900億円)増やす効果が示された。移民が1%増えれば、輸出は0.6%、輸入は0.9%それぞれ増える計算になるという。

 金融危機が勃発するまで、世界経済の拡大が貿易を押し上げてきたという側面もあるが、そうした外部的な要素は排除して計算した。

 スウェーデン政府はこの研究結果をもとに今年4月から、ハティジョージョ氏をリーダーに、「Kosmopolit(国際人)」というプロジェクトを立ち上げた。移民の起業家を組織してネットワークを作り、祖国に関する知識や人脈を生かして、主に中小企業の貿易拡大に役立てる狙いがある。

 移民が貿易振興の助けになっているという事実があるなら、それを組織化して加速しようというわけである。

コメント14

「移民YES」のバックナンバー

一覧

「移民を増やせば輸出も増える」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長