• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

移民の経済効果はマイナスにもなる

単純労働者の増加が低収益産業を延命させてしまう

  • 小瀧 麻理子

バックナンバー

2009年12月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 生産性の低い産業で安易に外国人を労働力として受け入れると、経済全体へのマイナス効果が大きくなる――。

 三菱総合研究所が2003年に、外国人受け入れの日本経済に対する効果をシミュレーションしたところ、このような結果が出た。受け入れる外国人の教育水準や滞在期間などによっても影響の度合いは異なるという。

 治安、教育、社会保障、文化と様々な側面を持つ移民問題だが、経済効果の観点での検証は日本ではまだほとんどない。調査内容とともに、調査を行った同社の経営コンサルティング本部労働政策分析担当の木村文勝研究部長の意見を紹介する。

 調査は厚生労働省からの委託を受けて、三菱総合研究所が2003年に行った。

 まず、2000年時点の男女の労働力率実績を元に、資本配分を変えずに、2025年までの潜在成長率を試算。下記の基本パターンを出した。

■産業全体の成長率
 ・ 2005~2010年 ―― 0.65%
 ・ 2010~2015年 ―― 0.69%
 ・ 2015~2020年 ―― 0.76%
 ・ 2020~2025年 ―― 0.71%

高度人材受け入れは女性・高齢者活用に次ぐ効果

 さらに産業を生産性の高低、貿易財・非貿易財の観点で4つに区分して成長率を見てみた。(調査の詳細を記事の最後に掲載)。

・ 産業(1)生産性高・非貿易財 金融、通信、教育、医療など
   
・ 産業(2)生産性高・貿易財 自動車、電機など
   
・ 産業(3)生産性低・貿易財 農林水産業、繊維工業、食品加工など
   
・ 産業(4)生産性低・非貿易財 運輸、小売、外食、介護などのサービス、電気・ガスなど

 先に記した基本パターンに対して、仮に女性や高齢者などの労働参加を進めた場合や雇用の流動化・労働の質向上を進めた場合と、外国人の受け入れを進めた場合についての成長率を算出し、2020~25年の基本パターンとの差を比較した。

 その結果、最もマクロ成長率の改善が見られたのは、女性や高齢者などの活用を促すパターンだった。マクロで最大0.17ポイントのプラス効果が見込める。

 これに対して、外国人を受け入れた場合では、大学を卒業している35歳未満の外国人を、日本人と同じ処遇で受け入れるパターンでは、マクロ成長率は0.06ポイントと、女性や高齢者活用に迫る良い結果が出た。

 一方で、最も悪い結果が出たのは、35歳未満の外国人(学歴不問)をいわゆる単純労働者として、産業(3)と産業(4)だけに500万人受け入れたパターンで、マクロ成長率は0.87ポイント悪化した。

(以下、聞き手は小瀧 麻理子=日経ビジネス記者)

女性、高齢者の活用は経済にプラス

 ―― 調査実施の経緯を教えてください。

三菱総合研究所経営コンサルティング本部の木村文勝・研究部長

 木村 少子高齢化による労働力供給の減少、経済成長の制約の対策として外国人を受け入れるという意見があります。

 しかし、その経済効果の観点での判断基準がこれまでほとんど提供されてこなかった。様々な側面はありますが、日本の経済成長制約に対して外国人の受け入れが本当に効果があるのか、ということを検証したかったのです。

 受け入れのパターンとして、中卒の生産工程従事者(いわゆる単純労働者を想定)、高卒の生産工程従事者、高卒の専門・事務・管理従事者、大卒の専門・事務・管理従事者に分け、定住型、一時的といった12の外国人受け入れパターンを組み合わせました。

 それらと、高齢者や女性の労働力率が向上する5パターンを比較しました。ちなみに、外国人を受け入れる上での社会コストは調査には含めておりません。

 ―― 調査結果からどのようなことが言えるのでしょうか。

コメント9件コメント/レビュー

追悼、サミュエルソン師へ少子高齢化に伴う労働人口の減少は日本にとって重大な問題ですが、これにも対策がないわけではありません。まずは定年退職しなければならない年齢を引き上げて、高齢者を活用することです。寿命が延びて健康な高齢者が増えているのですから、働いてもらわない手はありません。その方が彼らにとっても家にこもるより楽しいはずです。移民の受け入れについては慎重に検討すべきです。労働人口を増やすメリットが大きい半面、デメリットも少なくないからです。例えば、東欧やロシアなどから移民が流入し続けている西欧諸国では、人種間の対立が激化し、移民による犯罪が急増している。日本はこれまで、多くの移民を受け入れずに経済のグローバル化の恩恵を最も享受してきた国です。この点をよく考えるべきです。(2009/12/15)

「移民YES」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

追悼、サミュエルソン師へ少子高齢化に伴う労働人口の減少は日本にとって重大な問題ですが、これにも対策がないわけではありません。まずは定年退職しなければならない年齢を引き上げて、高齢者を活用することです。寿命が延びて健康な高齢者が増えているのですから、働いてもらわない手はありません。その方が彼らにとっても家にこもるより楽しいはずです。移民の受け入れについては慎重に検討すべきです。労働人口を増やすメリットが大きい半面、デメリットも少なくないからです。例えば、東欧やロシアなどから移民が流入し続けている西欧諸国では、人種間の対立が激化し、移民による犯罪が急増している。日本はこれまで、多くの移民を受け入れずに経済のグローバル化の恩恵を最も享受してきた国です。この点をよく考えるべきです。(2009/12/15)

記事の内容はとてもよくわかりますし、あくまで試算のレベルということもわかるのですが、一方で実際にそんなにうまくいくのだろうかという気持ちがぬぐえません。これから高齢化が進み、経済も縮小して国際的な地位も落ちていく一方で、日常使える言語は他国ではほとんど使われない日本語のみです。世界で本当に優秀な人材が他の国ではなく敢えて日本に集まってくるような環境が、国家として整えられるのでしょうか?また、もっと小さな個人や職場レベルで考えても、現在ですら女性の上司、年下の上司という環境で必ずしも関係がスムーズにいかない事例は散見されますが、移民が進んだ将来には並の日本人よりはるかに優秀な年下で外国人の女性が上司というような環境も考えられると思います。コミュニティやコミュケーションに対する感性はもとより、宗教観、金銭観、人生観等々、今すぐにでも日本がそのような多様な環境に備える準備をしていかなければ対応できない気がしますが、実際問題そんなことが可能なのだろうかという気がしてなりません。(2009/12/06)

まずは具体的な数値データを示した記事として高く評価したいと思います。内容ですが、優秀な移民を集める方法は「先ず隗より始めよ」に尽きるのではないでしょうか。自国の労働者を厚遇すれば自ずから優秀な人たちが移民としてやって来るでしょう。(2009/12/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員