• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

始まった「オバマの戦争」

アフガンは「第二のベトナム」になるのか?

2009年12月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2009年12月1日、オバマ大統領は3万人の増派を中心とする新しいアフガン戦略を発表した。

 アフガンは米国にとって「第二のベトナム」になってしまうのか? それともオバマ政権の新しい思考とアプローチは、アフガンの地に安定を取り戻すことが出来るのか? 一方、いまだ治安の安定しないイラクから、米国は無事に撤退をすることが出来るのか? また、大統領選挙の混乱以降、政治不安の続くお隣イランの核開発問題は、これからどのような方向に進んでいくのか? そして、こうした中東の混乱に乗じて北朝鮮はどのような動きを見せるのだろうか?

 バラク・オバマが政治生命を賭けて取り組むアフガン戦争と、米国の安全保障を左右するイラク、イラン、北朝鮮をテーマに、「オバマの戦争」を追いかけていく。

遅れに遅れた戦略見直し作業

 12月1日、オバマ米大統領は、数々の米陸軍のエリートを輩出してきたニューヨーク州ウェストポイントの陸軍士官学校で、新たなアフガニスタン戦略を発表した。

 過去3カ月間にわたり、大統領は国家安全保障チームを集めた会合を計9回も開き、主要同盟国やアフガン・パキスタン両政府との協議を重ね、アフガン戦略の「目標」、「目標の達成方法」そして「最終的に必要とされる資源」の整合性を点検する膨大な見直し作業を行い、文字通り熟慮に熟慮を重ねた末に決断を下した。

 バラク・オバマは、大統領選挙キャンペーン中からアフガニスタンを“米国のテロとの戦いの最優先課題である”と訴えてきた。ブッシュ前政権のイラク戦争に反対した数少ない政治家の1人として、「イラク戦争は間違った戦争」、「アフガン戦争は正しい戦争」と位置づけてきた。

 オバマは、2009年1月に大統領に就任すると、すぐにアフガニスタン戦略の見直しを命じ、約60日間かけて新しい戦略を練り、3月27日に新戦略を発表した。しかし、当時のアフガニスタン駐留米軍のトップ、デービッド・マキャナン大将は、この新しい戦略に沿った「新たな思考と新たなアプローチ」に基づく軍事戦略を打ち出すことが出来ずに5月に更迭され、新たにスタンリー・マクリスタル大将が現地司令官に任命された。

 マクリスタル司令官はそれから約2カ月間かけてアフガニスタンの情勢を分析・評価し、8月末に「4万人の増派が必要である」との提言を盛り込んだ報告書をホワイトハウスに提出した。

 「アフガニスタンの情勢は極めて深刻であり、タリバンは勢いを増している。約4万人の追加増派がなければ任務は失敗に終わる可能性がある」

 マクリスタル大将のこの指摘はワシントンに衝撃波を引き起こした。報告書の内容が「ワシントン・ポスト」紙にリークされ、その報告書の一部が一般公開されると、ワシントンではアフガン増派の是非をめぐって蜂の巣をつついたような大論争が巻き起こった。

 マクリスタル司令官の案を支持する派と、バイデン副大統領を中心に「大規模増派ではなく、むしろ小規模な部隊と無人機などを使ってパキスタン側のアルカイダに焦点を絞った戦争をすべき」と考えるグループ、それにそもそもアフガンへの関与を止めるべきだとする反戦派に分かれて、国論は分裂したのである。

 こうした中、オバマ政権の戦略見直し作業は遅れに遅れ、あらゆる提案や政策オプションが議題にのせられ、議論に議論が重ねられた末に、この日、オバマ大統領はその結論を世界に向けて発表したのであった。

最大のサプライズは「増派・撤退」同時宣言

 お揃いのブルーの詰襟制服を身に着けた初々しい表情の士官候補生たちを前にして、オバマ大統領は、険しくも決意に満ちた表情で、静かにアフガン戦略について語り始めた。

 米国がアフガニスタンで戦争をしなければならないそもそもの理由について、「これはわれわれが望んだ戦いではない」とオバマは述べた。アルカイダが911テロを起こし、無実の米国人たちの命を奪ったこと、そのテロを企てた組織の基地がアフガニスタンにあること、そしてこのアルカイダに対する戦いは米国だけでなく、NATOや国連も認める国際的に正当性のある戦いであることを、大統領は確認するように説明した。

コメント4件コメント/レビュー

アメリカが戦争から逃げ出して、世界にどんな紛争があっても知らない。となったら、真っ先に困るのが日本なんだが、、、、(2009/12/11)

「オバマと戦争」のバックナンバー

一覧

「始まった「オバマの戦争」」の著者

菅原 出

菅原 出(すがわら・いずる)

ジャーナリスト/国際政治アナリスト

アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。在蘭日系企業勤務、ジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国危機管理会社役員などを経て、現在、国際政治アナリスト

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アメリカが戦争から逃げ出して、世界にどんな紛争があっても知らない。となったら、真っ先に困るのが日本なんだが、、、、(2009/12/11)

どうしてアメリカは戦争がすきなのでしょう、理解できません。オバマの戦争が早く終えて欲しいものです。そうしないと世界は落ち着きません、そしてアメリカ自身がならずもの国家になります。(2009/12/09)

オバマはベトナム戦争に学んだようです。グエンバンチュー+グエンカオキ腐敗政権を支えて、"共産勢力ドミノ理論"という架空の戦略によって泥沼化した歴史を。今回はカルザイ腐敗政権をどうするのか?厳しく追い込めば、彼らは簡単にタリバーンに寝返るでしょう。私腹を肥やすこと、が行動原理でしょうから。かと言って、アフガンの内政に深く関与してしまえば、抜け出せなくなる危険も高まる。CIAを使っての要人暗殺・政府転覆などと言ういつもの米パターンに陥らないことを願う。それでは、どちらがテロ国家・ならず者国家だか判らなくなる。かつての米国がそうであったように。(愚痩子)(2009/12/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長