• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

働けど、働けど「かたつむりの家」

テレビドラマが克明に描き出した中国版ローン地獄

2009年12月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国で『蝸居』という題名のテレビドラマが話題になっている。中国語で“蝸居”とは文字通り「蝸牛(かたつむり)の住まい」を指すが、転じて「狭苦しい家」を意味する。

『蝸居』のポスター
画像のクリックで拡大表示

 この『蝸居』の原作は2007年12月に出版された同名の小説『蝸居』である。原作者はペンネームを“六六”という安徽省合肥市出身の女流作家で、1995年に安徽大学国際貿易部を卒業した後、国際貿易に従事していたが、1999年にシンガポールへ移住し、現在は同地で幼児教育に携わっているという。

 その女流作家“六六”が中国でますます深刻化する住宅問題に一石を投じたのが小説『蝸居』であり、テレビドラマ『蝸居』(全35話)であった。

「住宅の奴隷」では表現が切な過ぎる

 中国では2009年9月20日から江蘇衛星テレビが住宅問題に焦点を当てた『房子』(「住宅」の意味)という題名のテレビドラマ全28話を放映した。このドラマは1960年代、70年代、80年代の各年代生まれの主人公たちが住宅を購入し、そのローン返済に追われて苦悩する姿を描いて高い視聴率を獲得した。

 本来、このドラマの題名は中国の造語である“房奴”(注1)であったが、題名が“房奴”では余りにも「切な過ぎる」ということで『房子』に変更されたのだという。こういう「曰(いわ)く付き」のテレビドラマであったが、住宅問題に苦悩する多くの庶民は身につまされる思いで『房子』を支持したのであった。

 (注1)“房奴”とは、抵当ローンで住宅を購入し、人生の黄金時代を20年から30年にわたって毎年収入の40~50%、あるいはそれ以上をローンの元利返済に充て、ローン返済に翻弄される都市住民を指す。2007年11月2日付本リポート「中国の造語に「奴隷」という言葉が増えている」参照。

 その『房子』に続いて住宅問題に焦点を当てたテレビドラマが『蝸居』であった。『蝸居』は2009年7~8月から一部の地方テレビで放映されて評判となり、全国的に放映を望む視聴者の声が高まった。

 こうした要望に応えて、北京テレビの「映画・テレビチャンネル」が11月5日に放映を開始、11月16日には上海の東方衛星テレビが放映を開始し、これに続いて全国の地方テレビ局が次々と放映を開始したのであった。

 ただし、当初は全35話で放映されていたが、ドラマの中の台詞(せりふ)に性的な表現やB型肝炎患者に対する差別的表現が含まれていたことから、テレビ局によっては一部を削除した上で全33話に再編集したものを放映しているという。

大都会「江洲」、実は上海を想定

 では、その話題のテレビドラマ『蝸居』とはどのような内容のドラマなのか。全編は全35話(一部の地域では全33話)と長いが、その概要は次のようなものである。

 1988年、長江が海へ流入する河口の三角州に繁栄する大都会“江洲”(架空の都市名、注2)の大学を卒業した郭海萍は、そのまま江洲に残留して働くことを決意し、少しでも早く頭金を貯めてマンションを購入することを夢見る。

 (注2)実際は上海を想定しているが、後述する主人公の1人である宋思明が「市長秘書」という役職で汚職により失脚することから、上海と特定することが出来なかったもの。

 その後、蘇淳と結婚した郭海萍は広さわずか十数平方メートルという小さな部屋で新婚生活を始める。トイレと台所は隣人たちと共有という苦しい生活が5年を過ぎた頃、2人には子供が生まれる。

コメント11

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「働けど、働けど「かたつむりの家」」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック