• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

それは幻想です。鳩山「東アジア共同体」

民主党新人議員は早く目を覚ました方がいい

  • 吉田鈴香

バックナンバー

2009年12月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すでに政権交代から100日が経った。当初の国民の熱気もかなり冷めた。その原因は、民主党でも景気後退でもなく、もちろん鳩山首相自身にあることを国民は気づきつつある。

 それでは、その鳩山首相の政治方針を生んでいる思想とは、何か。年末にもう1度振り返って、新しい年を迎えたい。

 首相の政治思想をもっともよく著しているのは、就任前の8月10日にホームページで発表した「私の政治哲学」である。ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿した鳩山論文の元原稿でもある。これを再度よく読み込み、鳩山政権が何たるかを考えよう。

通貨統合が目標、でも経済政策に言及なし

 改めて鳩山論文を読んでみると、次のような言葉が並ぶ。

「経済協力と安全保障の枠組み」
「経済協力と安全保障のルール」
「地域的な通貨統合、『アジア共通通貨』の実現を目標として」
「今回の世界金融危機後の対応も、従来の国際通貨基金(IMF)、世界銀行体制の単なる補強だけではなく」
「アジア共通通貨の実現には今後10年以上の歳月を要するだろう。それが政治的統合をもたらすまでには、さらなる歳月が必要であろう」

 つまり、構想で現実的に目標とされているのは、「アジア共通通貨」である。東アジア共同体とは、「アジア共通通貨」を持つ共同体のことであるかのようだ。

 しかし、共通通貨は、自由経済が担保され、一定の政治枠組みの下に中央銀行を共有する仕組みを確立した国家間から生まれてくる議論である。経済連携協定(EPA)も自由貿易協定(FTA)も確立されていないアジア諸国と交わす議論ではない。

 なぜ、域内自由貿易とか、自由な熟練労働力移動とか、企業の自由な活動とか、共通の金融市場とか、政治的な利害調整のメカニズムとか、安全保障とかを言わないのだろうか。不思議である。

 これらのステップがすべて無視されて中抜きになったまま、「共通通貨」だけが目標とされている。

共同体と言うなら「人の移動」が肝要

 EUの例を見れば分かるように、共通通貨を検討する前に、域内で整っているべきことは、東アジア共同体における(少なくとも域内の)自由貿易体制、金融サービスや熟練労働移動も含む財・サービスの自由な往来、政治的な調整のメカニズム、そして、北大西洋条約機構(NATO)のような安全保障のメカニズムである。

 言い換えると、農業の共通市場化、エネルギー(鉄鋼石と石炭)の融通、域内運輸インフラの整備、熟練労働市場の開放、金融市場の共通化などの幅広い政治経済での共通メカニズムの存在である。

 特に、重要かつ、微妙な問題をはらむのは、人、とくに非熟練労働力の移動である。

コメント55件コメント/レビュー

なんだか、筆者に批判的なコメントの方は、実に感情的になっていますね。筆者の人格否定など、関係ない部分でとにかく批判の方向にもっていきたいみたいです。(2010/02/19)

「吉田鈴香の「世界の中のニッポン」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんだか、筆者に批判的なコメントの方は、実に感情的になっていますね。筆者の人格否定など、関係ない部分でとにかく批判の方向にもっていきたいみたいです。(2010/02/19)

『国民は、中身のない、幻想に振り回されている』。そんなこと、民主党が野党だった時代から誰の目にも明らかだったこと。与党になった瞬間に免罪符が働いて幻想が実力に変化するなんてあり得ない。パフォーマンスだけ有って有効な政策が何も無い。民主党の政策で少しまともなものは自公の政策を羊頭狗肉した二番煎じばかり。二番煎じと呼ばれることを嫌うと普天間問題みたいになってしまう。なにを今更。  『一番「だまされた」と思っているのは、民主党新人議員かもしれない』本当にダマされたと思っているとしたら、あまりに有権者を馬鹿にしてるのではないか。幻想とわかりきってるのに大量得票させた国民の責任もまた重い。(2010/01/13)

>中国の脅威とは、安全保障上の脅威、すなわち侵略と言うよりも、人の移動によって国が実質的に支配される可能性である。<これこそが人口力を最大限に活用したある種合法的かつ無血の中国の侵略政策なのだ。現政権が国会に提出しようとしている「外国人参政権法案」はまさにこれを後押ししようとする亡国の政策だ。良識ある民主党員は小沢の恫喝に臆せず断固反対して欲しい。しかし選挙時の公認や助成金配付などを握られてしまった議員には逆らう術もないだろう。今、彼の権力を奪い日本を救えるのは検察だけなのかもしれない。かっての親分である田中をそうしたように、収賄疑惑の大物はきっちり逮捕起訴して欲しい、もちろん首相も同じだ。(2010/01/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長