• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人気寿司「モトローラ巻」を知っていますか

味だけではない、外食産業で勝つための法則

2010年1月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 火警巻(消防巻)、紅色炸弾巻、菜青虫巻、忍者巻、そして摩托罗拉巻(モトローラ巻)…。これらは今、北京で大人気の日本料理店の寿司メニューだ。現地では「アメリカ寿司」と言われている。

とても日本料理屋と思えない内装

 大手家電メーカーの中国総本部もある北京市の光華路にあるこの店は、食事時ともなれば満席となる。昼の定食は75元(1元=約13.5円)からと決して安くはない。

 平均客単価は150元。価格帯からみれば高級レストランに属する。従って、お客のほとんどは、いわゆる中間層から上の人々だ。

 店内に入ると、わけのわからない「壁画」に度肝を抜かれる。良く言えばポップアート。悪く言えば落書き。天井にぶらさがる白い布は、多分、波頭をイメージしたのだろう。しかし、とても日本料理店とは思えない。

「アメリカ寿司」を出すレストランの内装
画像のクリックで拡大表示

 メニューはなんでもありだ。ステーキ、サラダ、うなぎ弁当、紙鍋(「大雪児」という)まである。そしてお約束のアメリカ寿司。

 オーナーは米国籍の台湾人。台湾から米国に渡り、そこでレストラン経営に乗り出し、数年前に北京にやってきた。

 当初は、握り鮨、てんぷら、しゃぶしゃぶといった、一般的な日本料理のメニューを出していたが、ほかの日本料理店との差別化ができないことや、どうがんばっても、ホンモノの日本食の味は出せないことから、思い切って、「アメリカ寿司」を出したのだという。

これが「アメリカ寿司」。お米はかなり柔らかい
画像のクリックで拡大表示

 これが当たった。

 店の一番人気は摩托罗拉卷(モトローラ巻)だという。海苔をコメの内側にして、ツナマヨネーズ、鮪を巻き込み、上に、飛び子と刻みネギ、それにゴマだれをまき散らしたものだ。このゴマだれがアクセントとなって、妙に「北京」を感じさせる。

 この名前は、モトローラの中国現法の社長が大好物だったことからきているそうだが、真偽のほどは分からない。しかし、モトローラの携帯は中国でトップシェアであり、誰でも知っている名前だ。無論、商標使用料は払っていないと思う。

 なぜ、こんなものが大人気なのか。

日本料理であって米国料理でもある「無国籍さ」

 北京で飲食店経営のコンサルを手掛ける中国人は、こう解説する。

 「普通の日本料理店は、もう飽きられています。刺身、てんぷら、それに居酒屋系のメニュー。どこに行ってもそればかりです。それに一般の中国人は生モノをあまり食べません。しかし、本格的な日本料理、ということになるとお金持ちの中国人でも敷居が高い。同じお金を払うのであれば、なじみのある中華レストランに行きます」

コメント5

「中国羅針盤」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO